プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
岩手の世捨て人です。ある時はせんべい汁屋、ある時は漆芸職人。正体不明でがお付き合い下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者の足跡


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



大阪 昭和39年 駅弁

昭和39年の駅弁掛け紙です。

東京オリンピックで、日本中が明るい明日明日を信じていた時代。

大阪の水了軒は今でも仕出し屋さんとして営業しているようです。

当時とおなじような弁当はあるんでしょうか。

興味は尽きません。

http://www.airinjuku.com/index.html

1781698.jpg




スポンサーサイト

蔵しっくかしわ飯

10年以上前に、二戸駅で売られていた駅弁。
いつの間にか、販売が終わっていました。
友人が十和田湖観光にやってきて二戸駅を利用します。
駅弁マニアなので、紹介しようと思ったんですが残念です。
復活を望みます。

ninoheclassic1zoom.jpg

http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/



しぐれ煮弁当

知り合いから頼まれて予約購入。
明日、二戸駅から十和田湖方面に行くそうです。
受け取りが、二戸駅のナニャート。
そこからレンタカーだそうです。

よく見る駅弁のサイトでは、下のように紹介されてました。

2007(平成19)年10月に二戸駅で登場。長方形の赤い発泡材容器に透明なふたをして、商品名や認証マークを印刷した赤いボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上をささがきごぼうで覆い、牛肉煮でさらに覆い、玉子焼、ふき、漬物を添えるもの。

内容を書いて表せば普通の牛肉駅弁だが、肉の詰め方が公式写真よりもたっぷりていねいで、肉も赤身の柔らかさと控えめな脂肪分が上品な感じ。パッケージのデザインも中身や味に負けずに上品である。調製元は地元の古物商兼自動車部品業兼ホテル業兼惣菜屋兼スーパーマーケット。価格は2011(平成23)年の購入当時で1,000円、2014年4月の消費税率改定により1,029円。

いわて短角和牛とは、岩手県農林水産部流通課の「いわて牛普及推進協議会」が定義する日本短角種の岩手県産牛の総称で、江戸時代の南部藩の時代からこの地にいた南部牛にアメリカのショートホーン種を掛け合わせたもの。冬を除き牧草地に放牧され、自然交配で子を産ませるという、赤身が勝る肉質も含めて現在の国内各地のブランド牛とはおおよそかけ離れた飼育方法を取るという。

ninoheshigureazoom.jpg

http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/



鉄道唱歌 東北本線

鉄道唱歌を楽しく聴いています。
やっぱり東北本線から。
リズムの良いメロディ。
美しい日本語で聞きやすい唱歌ですね。
駅弁を食べながら、ワンカップを飲みながら旅したいです。



http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/

駅弁動画

駅弁の掛け紙を整理しながら動画投稿サイトを見てます。
ゆっくり、椀カップでも飲みながら旅したいですね。



http://www.airinjuku.com/index.html







 | ホーム |  次のページ»»