プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
岩手の世捨て人です。ある時はせんべい汁屋、ある時は漆芸職人。正体不明でがお付き合い下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者の足跡


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



決勝戦で惜敗

 大正13年(1924)夏、小向八郎は仙台高工野球部の夏期合宿を兼ねて来福した。合宿場所は、裁判所通りの沢藤倉治宅の新築したばかりの家を借用した。この合宿は福中野球部の指導も兼ね、午前、午後と猛練習を実行した。その指導は非常に効果的だった。野球知識の必要性を説き、「野球セオリー」をミーティングのたびに講義し、福中野球部員も筆記し勉強に励んだ。こうして野球知識も広がり技術も向上し、いよいよ7月31日から行われる東北大会に挑んだ。大会は仙台市の東北体育球場で、東京朝日新聞社の主催・第二高等学校の後援で行われた。参加24校で決勝戦は秋田中学が米沢中学を18-6で破って優勝し全国大会に駒を進めた。福中は1回戦不戦勝の後、8月3日に一関中学と対戦し3-9で敗れた。

 大正14年(1925)の第11回大会では、参加校の激増と地理的な関係上東北大会から青森、秋田、山形を分離し奥羽大会を新設した。東北大会は岩手、宮城、福島で争われ、東京朝日新聞の主催、二高後援で8月3日から9日まで仙台市の東北体協球場で行われた。東北大会参加校は19校で、福中野球部は東北大会ベスト4に進出し「福中強し」との声を聞くようなった。ベスト4進出の立役者、中津川昇二と小坂国夫のバッテリーは、関東以北最大のバッテリーと噂され一躍優勝候補と目されたが、経験の差とでもいうべきか準決勝で盛岡中学に2-5で敗れた。前年秋に行われた盛岡中学との練習試合に開校以来初めて勝利し、今度こそは勝てるという思いで盛岡中学に挑んだが跳ね返された。しかし将来に希望を抱くベスト4進出であった。

続 く 

015-1.jpg


http://www.airinjuku.com/jinbadai/jinbadai015.html




スポンサーサイト

大正13年はFukuokaのユニフォームで出場

初めて甲子園予選に出場したのは大正13年。
この時はFukuokaのユニフォームで出場した。

続く

012.gif

カシオペア歴史研究所



一戸の野球人

福中・福高出身のプロ入り1号が小田野柏(昭和10年3月卒)である。一戸町の出身で、小学校時代にも全国大会に出場した。福岡中学に進学してからも昭和6年にはレギュラーとして甲子園にも出場。

  福岡中学卒業後は青森営林局、仙台鉄道管理局へと進んだ。昭和13年に阪急球団に入団。投手と野手をこなすオールラウンドプレーヤーとして活躍した。投手として23試合に登板し通算5勝をマークした。後に打撃の神様と呼ばれる川上哲治がプロ入りして最初に対戦した投手が小田野柏である。

  最盛期に応召されて戦地に赴いた。敗戦後「野武士集団」と呼ばれた社会人野球チームの豊岡物産(埼玉県)に入団、選手として出場した社会人大会で日本の野球史に残る快挙な成し遂げた。天覧試合でのホームランである。天覧試合のホームランというと、巨人対阪神戦で長嶋選手が村山投手から打ったことが有名だが、実はこれが初めてのホームランではない。長嶋より12年ほど前の昭和22年8月3日、都市対抗開幕戦で初ホームランは生まれた。

 この後、小田野は昭和25年に毎日に復活し、西鉄・近鉄・高橋などで活躍する。プロ実働7年間での通算成績は、打者としては517試合に出場・1501打数368安打・11本塁打・136打点・54盗塁・通算打率241の成績を残した。また、投手として23試合に登板し5勝7敗、137回2/3イニング投げて被安打90,奪三振37,与四死球65,自責点24,通算防御率1,56の成績だった。


カシオペア歴史研究所

021.jpg




呉昌征

日本のプロ野球黎明期に活躍した台湾人。
嘉義農林学校で甲子園に出場。
巨人軍、阪神、毎日などの球団で活躍。
彼の活躍を調べると、日本の近代史に通じるものがあります。

20110617_4540754.jpg

http://www.airinjuku.com/index.html



昭和6年の石原事件

 昭和2年に甲子園初出場を果たした福岡中学野球部は、昭和4年まで3年連続甲子園出場を果たし、昭和5年も東北大会決勝で敗れたが、翌昭和6年には4度目の甲子園出場を果たした。

 石原事件は昭和6年夏の岩手県大会準決勝で起きた。準決勝は福岡中対遠野中の対戦となった。創立は共に明治34年。伝統ある兄弟校同士の初めての対戦である。この年の4月、遠野中学に埼玉県川越中学から石原繁三が転校してきた。千葉県成田出身の石原は、昭和5年秋の北関東大会で川越中学の快進撃を支え注目された選手であった。

 それまでは野球に関しては注目されなかった遠野中学であったが石原の転校で状況が一変した。石原の豪腕はにより遠野中学は一躍優勝候補と目されるようになった。

盛岡中学校庭を舞台に開催された岩手県大会準決勝の試合開始前に事件は起きた。

「転校間もない石原投手は、この大会に出ることができないのではないか」と福岡中学中津川コーチが大会関係者に異議を唱えた。中津川コーチの異議を受けて、審判、大会役員、両校関係者も含めて協議が行われた。石原投手の出場が認められそうになると中津川コーチが猛烈に抗議し、石原投手の出場資格無しの結論が出そうになると遠野中学関係者が猛烈に抗議した。試合開始前の協議は2時間近くにも及び、石原投手は昭和6年夏の大会には出場資格が無いという結論で試合は開始された。

続 く

020.jpg






 | ホーム |  次のページ»»