プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
岩手の世捨て人です。ある時はせんべい汁屋、ある時は漆芸職人。正体不明でがお付き合い下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者の足跡


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



中国は破壊し、日本は共生を選んだ

黄文雄『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」

shutterstock_493490134-650x401.jpg


先日掲載の記事「外国への修学旅行先、1位は台湾。若者に引き継がれる日台の絆」でもお伝えしたとおり、民間レベルにおいてその絆をますます深める日本と台湾。最近では鉄道を通し、両国の友好関係はさらに強まっていると伝えられています。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄さんは、日本が台湾を統治していた時代に敷設した阿里山森林鉄路の建設秘話を紹介しつつ、当時から変わることのない日台の強固な絆を再確認しています。

【台湾】鉄道を通した日台友好の影にある秘話

近年、日台の鉄道を通した友好提携のニュースをちらほらと見かけるようになりました。以前のメルマガでも紹介しましたが、中には、西武鉄道、京急電鉄、東武鉄道、台湾鉄路4社局合同イベントなどという大掛かりなものもありました。

● 西武鉄道・京急電鉄・東武鉄道・台湾鉄路4社局合同イベント 2017年1月27日(金)より「日台縦断!鉄道スタンプラリー第2弾」を開催します!

今年で開業10週年を向かえる台湾の新幹線「高鉄」は、日本の新幹線技術を用いて造られたことはよく知られています。2015年には、乗客の伸び悩みで経営破綻の可能性がありましたが、公的支援を得ることで危機を乗り越え、現在は「公有民営」となっています

● 台湾新幹線、開業10年で記念式典 日本の新幹線技術を採用

日本と台湾の間の人的交流は年を追うごとにさかんになり、2016年には年間600万人以上(台湾から日本へ429万人、日本から台湾へ200万人)の観光往来がありました。とくに、台湾の人口は2,300万人ですから、台湾人のじつに6人に1人が訪日したことになります。

● 4/27 戎総領事の講演「九州と台湾の強固な信頼関係」

もちろん日本からの訪台も増え続けており、とくに九州・山口から台湾への高校生修学旅行は2014年に12校・1,200人だったものが、2016年には32校・5,000人にまで拡大、海外の修学旅行先としてはトップになっています。

600万人以上の観光往来のなかで、とくに鉄道関係は「人気沸騰」の一言に尽きます。日本・台湾の両国で同好会までつくられ、鉄道旅の推進役ともなっています。

台湾で人気の鉄道といえば、世界三大登山鉄道として有名な阿里山鉄道があります。戦前から阿里山は、日本の技師・小笠原冨二郎が発見した樹齢3,000年のタイワンヒノキが有名で、神木とされてきましたが、戦後はあまりに観光客が多いため腐敗が進み、1998年に切り倒され、現在は二代目の神木になっています。

阿里山鉄道は、日本統治時代に活躍した河合鈰太郎(1865~1931)という人物の貢献によってできたものでした。

日本領台初期、日本は「地球最後の秘境」でもあった台湾の自然、民族、風習などを探検・調査していきました。その結果、台湾の地勢、地貌、自然と社会の姿が、次第に明らかにされていきました。

この時期の日本軍人や学者らの台湾探検・調査は、台湾のみならず、東アジアと東南アジアの自然と社会を研修するための基礎となり、その後、近代産業を育むための資料として、多大な歴史的貢献を果たしています。たとえば、シロアリなどの害虫研究が成功しただけで、産業が数倍にも成長。こうした実例は非常にたくさんあります。

そのひとつが、森林研究だったわけです。阿里山の原始林には多くの巨木が存在し、檜の宝庫でもあることは知られていましたが、木材搬出の方法が見つからず手つかずのままにしてありました。ちょうどそんな時、ドイツに留学していた河合鈰太郎と、外遊中の後藤新平が出会います。そのとき河合は、後藤に台湾の森林開発についての献策を語りました。

これを機に、河合博士は帰国後の明治36(1903)年、後藤に請われて台湾林業行政に参画することとなり、阿里山の実地調査に乗りだしたのです。阿里山森林資源開発のために河合がまず検討したのが、山岳鉄道の利用でした。河合鈰太郎は、林学者、ことに森林利用学に精通した人物です。東京帝大農学科を卒業後、林学博士号を取得。ドイツとオーストリアに留学、森林利用学を学び、後の日本森林利用学の権威となりました。

帰国後の河合は、東京帝大農学科の教授も務めるとともに、台湾総督府民政長官であった後藤新平に招かれ、渡台した際に阿里山の森林鉄道敷設に尽力したのです。

河合の学問的関心は広く、漢学と独語が堪能で、文才もあり、晩年になってからは哲学も研究しました。専門分野の林学では第一人者で、山林史にも興味を持っており、『測量学』『木材識別法』などの著書があります。

彼は、日本産主要広葉樹の肉眼識別法、木材強度および物理的性質の研究をはじめ、森林開発・利用に新境地を開きました。
そもそも阿里山森林の発見は明治29年11月13日でした。竹山撫墾署長、斉藤音作、本多静六林学博士が率いる27人の新高山(モーリス山)登山隊が、東埔から八通関ルートを通って登頂する途中に、本多博士は台湾紅檜の標本を採取しました。

それを東京に送り、東京帝大松村任三教授に研究してもらった結果、明治34年に新種として認定され、「台湾紅檜」と命名されたのです。その後石田常平が阿里山原住民の引率で、広大な阿里山の檜木大森林を発見しました。これに驚いた総督府は、翌年から石田に加え小西成幸、小笠原冨二郎、小池三九郎の4名を調査に出したのです。

さらに明治35年、河合鈰太郎の実地調査を委託し、阿里山開発の計画を作成したことから、樹高36メートル超、幹周り18メートルにも及ぶ長大材が出ることが分かったのでした。

具体的には、海抜2,000メートル以下は暖帯林で、それ以上は紅檜、2,300メートルは扁柏と紅檜の純林、2,700メートルには栂、高根五葉が混じったような状況で原生していました。

前述の、小笠原冨二郎が発見した阿里山神木は、樹高50余メートル、地面部樹幹34メートル、直径6.6メートルを超える推定樹齢3,000年の巨木でした。

総督府は約160平方キロメートルの檜の大森林を入念に調査・計算しました。その結果、檜の巨木のなかには台湾紅檜15万5,783本、台湾扁柏15万2,482本もあると判明。以来、阿里山森林の巨木伐採が始まったのです。

阿里山鉄道は、その木材運搬のために建設されたものでした。はじめ藤田組が林業調査と鉄道敷設の計画起工を請け負いましたが、明治41年1月、工事半ばにして中止となり、その後の事業は総督府に継承されました。そしてついに、大正4(1915)、総督府の手によって本線の開通となったのです。

明治39年~45年の6年をかけて、河合を中心に鉄砲水や資金難の困難を克服しながら、全長72キロ、高度差2,160メートルに及ぶ日本初の山岳(登山)鉄道をみごと完成させたのでした。これは当時としては、世界三大登山鉄道のひとつとして話題となったほどの大事業でした。

河合はその後、台湾北部の太平山や満蒙の森林開発事業にも携わりました。昭和元(1926)年に東京帝大退官後は、木炭研究で煉炭を発明し、その健在ぶりをアピール。昭和6年に逝去した際には、訃報が阿里山鉄道起点の大都市嘉義にも伝わり、官民あげての盛大な追悼式が行われたほどでした。その3年後、河合の功績を讚え、阿里山寺(現在の慈雲寺)境内に「琴山河合博士旌功碑」が建てられました。

阿里山鉄道は木材を運搬するために敷設されましたが、日本は単に伐採するだけではなく、保護にも貢献しました。日本時代の森林保護の実態は、当時の小学生の「論文集」でも見ることができます(東京新宿区の台湾協会文庫にも保存されています)。

国民党政府時代、台湾の自然は次々と破壊され、木が盗伐されていきました。日本統治時代のような保護政策などを行おうとしなかったため、そのために禿山が増えてしまいました。

中国人は森を破壊しましたが、日本は共生の道を選んだのです。もしも阿里山鉄道に乗る機会があれば、沿線の美しい木々を眺めながら、日本人の先人たちの偉業に思いをはせていただければと思います。

http://www.airinjuku.com/index.html





スポンサーサイト

南北戦争の記念碑撤去問題から発展

 8月12日に起きた事件の概要は、アメリカ南北戦争で南軍に属し、奴隷制度維持の為に戦った南部諸州軍のロバート・E・リー将軍像を撤去する計画が持ち上がった事にあるようです。

 それに反対する白人至上主義者達のデモが起こり、デモは本来事前に許可を貰わねばならないが、無許可だったらしく、そのデモに人種差別反対派が反発し、抗議を行ったところ、 白人至上主義者達と反対派の間で、小競り合いを軽く超えた暴行事件が起こりました。
 
 そして 白人至上主義の団体に属する青年が、反対派の列に車で突っ込んだ・・というものらしいです。

 全世界で、ほとんどの人が白人至主義者を悪いとしているようだが、投稿された動画などを注意深見ると、白人至上主義者の方が盾で身を守っているようにも見えます。多くの画像でも、白人至上主義者が反対派から囲まれています。

 暴力や差別に反対しながら、暴力的差別的な行動になってしまうのは、反対意見がある以上どうしようなもいことかもしれませんね。

ef90bfa7-08cd-4f0f-932e-67f870257fb0.jpg

http://www.airinjuku.com/index.html







As a follow-up to my commentary about the Left's role in America's escalating political violence, let's look at a fresh example of the problem liberals insist we ignore in the wake of the Charlottesville disgrace. My contention is that responsible and intellectually-honest Americans can hold multiple thoughts in their heads at the same time:

(1) The despicable racism, bigotry and violence of white nationalists, white supremacists and neo-Nazis is deeply immoral and antithetical to our values. (2) Appalling people with appalling opinions have a right to assemble peacefully, free from violence. (3) While most Americans' instinctual revulsion over the Alt-Right's hate rally is natural, the Alt-Left's deliberate violence -- which has reared its head across the country -- is an unacceptable response to any speech, no matter how vile. As I said in a somewhat heated Fox News exchange about the president's Tuesday press conference, if we're going to have a meaningful discussion about hatred and political violence in this country, we cannot airbrush out a significant element of that scourge:

In the clip, I also defended the president against some unfair characterizations of his remarks, while sharply criticizing his assertion that there were "fine" people at a hate rally that featured white nationalists wielding torches, chanting disgusting slogans. Yes, there are plenty of non-racist Americans who have legitimate concerns about purging Civil War monuments from the public square. No, people of good faith do not attend white nationalist marches. Nevertheless, I've felt compelled to repeatedly direct Twitter aim at the Left's abuse of the sometimes-applicable term "whataboutism:

マッカーサー

出典は忘れたが、マッカーサーは、靖国神社を「軍国主義」「国家主義」の象徴としてとらえ、
取り壊してドックレース場にしようとした。

その時、バチカン法王庁駐日使節?のブルノー・ビッテル神父がマッカーサーに書簡を送った。

「戦勝国、敗戦国に関わらず、国家のために命を捧げた人に敬意を払うのは当然で、それは国家としての義務であり権利でもある。靖国神社を焼き払うことは犯罪行為であり、アメリカの歴史に汚点を残すだろう」

その書簡を受け取ったマッカーサーは、ドックレース場計画を白紙に戻すこととなった。

その後、バチカンではA・B・C級戦犯とされた日本人の遺骨は、カトリック総本山であるバチカン、サン・ピエトロ大聖堂に祀られている。

当時のバチカンは、共産ソビエトを当面の敵と考えており、ナチスとの親密な関係が合ったらしい。

日本も、本来の敵は共産ソビエトだったはずだが、コミンテルンのスパイが暗躍し、いつの間にか南進政策になってしまった。

1781781.jpg

http://www.airinjuku.com/index.html





国連の正体

国連に対する日本人の無知には困ったものだ。
日本は、国連脱退もちらつかせながら、常任理事国に!



http://www.airinjuku.com/index.html


明治維新雑感

 ←いつも応援クリックをありがとうございます。Facebookが、今度は7日間の利用停止処分となりました。2週間ほど前の記事の「支那」がひっかかったようです。支那は他にも過去たくさん使っていますので、再開してもまたすぐに利用停止になることは明らかです。これまでのFacebookのアカウントは近日退会の予定です。(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)◆【お知らせ】◆ 7月23日(...
明治維新雑感




支那が差別用語らしいが、chinaは大丈夫なのが意味不明。
中国という言葉はわずか100年前から使われ始めた。
それ以前の支那を表す言葉は、やっぱり支那しかないだろう。


 | ホーム |  次のページ»»