FC2ブログ

世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100年前の写真

フランスから1枚の写真が送られて来ました。以前からオートバイのカタログを交換しているマニアからです。
彼のマニアの友人宅で保管されていたものです。(所有者を仮にAさんとします)
Aさんのお祖父さんか曾祖父さんが1920年頃まで数年間日本に滞在したことがあるようです。
フランスの軍人に同行した技術者らしいとのこと。

何よりもびっくりしたのは「田中舘愛橘」が写っていることでした。
仮に1920年(大正9年)の写真だとすると、愛橘博士が64歳の写真ということになります。

写真左上に「IMPWRIAL FLYING ASS'N-JAPAN」という文字が確認できます。
「帝国飛行協会」「帝国航空協会」などと訳すことができます。
帝国飛行協会で検索したところ下記のサイトが見つかりました。
http://www.aero.or.jp/gaiyo.html

写真の下部中央に「Y.OZAKI」と書かれた文字が確認できます。
おそらくは尾崎行輝ではないかと思います。
憲政の神様と言われた尾崎行雄の四男で、我が国の航空史を語る上で忘れられない人物です。
1915年(大正4年)には帝国飛行協会へ航空局技師として参加します。

「LT.SAWADA」「LT.SAKAMOTO」は軍人です。LTは「少尉」「中尉」「大尉」などの階級を表しています。
軍に所属する航空機関形の人物と推定されます。

「4048-13」の意味は不明です。大正2年(1913年)の写真という意味でしょうか?。
この年は帝国飛行協会が発足した年でもあります。
ただ、尾崎行輝が帝国飛行協会へ参加するのは大正4年と記録されていますので、時期的にもちょっと早いような気がします。

また、1919年(大正8年)には、帝国飛行協会が国際航空連盟に加入しています。
もしかしたら、このときに帝国飛行協会の主だったメンバーで撮影した写真かもしれません。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

kikou16-1.jpg



スポンサーサイト

テーマ:岩手県 - ジャンル:地域情報

戦前戦闘機絵葉書コレクション

30年以上前から集めている戦前の絵葉書。
戦前戦闘機ものです。
小学校の時に、校長先生から見せていただいて、戦前の飛行機に興味を持ちました。
今から考えると、学校の先生が軍用機を教えてくれていたんですね。
昭和40年代末です。

個人的には、紫電改が好きです。

http://www.airinjuku.com/index.html

zerofighter.jpg



航空機エンジン

大正5年に行われた航空機エンジンの懸賞。
選考委員長が田中舘愛橘博士でした。
この募集で優勝したのが大阪の島津楢蔵です。
このことがきっかけで、田中館博士は大阪の島津モーター研究所を訪れます。
この辺の詳細を、書き留めて後世に伝えなければと思います。
写真のエンジンは、懸賞に出されたエンジンです。

t02200317_0350050413126601642.jpg

http://www.geocities.jp/michinokumeet/




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。