FC2ブログ

世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

夜食椀

骨董品コレクションを放出しました。時代は幕末の頃の漆器です。夜食椀と書かれた箱に入っていました。享保の頃の作かと思います。直径12cm、高さ7,5cmです。

外側が濃い緑色で、内側が朱色です。産地は北陸地方と予想されますが、幕末期には浄法寺地方でも、緑色の漆がみられますので、浄法寺モノかもしれません。

なぜ夜食椀と。江戸期の浄法寺地方は、一日二食だったとも言われていますが、そのあたりに、夜食椀を解明する手がかりがあるかもしれません。

塗りもしっかりしていますので、呼ぶか不明です
もしかしたらある程度の身分がある方が使っていたかもしれません。良い漆を塗っています。毎日使って、乾いた布やタオルで乾拭きすれば、数年後には素晴らしい輝きが出てきます。

時々、リサイクルショップで、江戸から明治にかけての漆器が、驚くほど安価で売られています。そんな漆器に、再び生命を与えてやりたいと思います。

この夜食椀は、ヤフオクで関東方面に嫁ぎました。100年を超えたアンティークモノです。22世紀に伝えて欲しいです。



スポンサーサイト

塗り直し完了

浄法寺モノではありませんが、山口県の方から古椀の修理依頼がありました。

実物を見た瞬間、塗り直しても使って欲しい椀でした。

基本が良い椀だったので、はがれた部分を軽く削り、全体の塗り直しをしました。

約30日で仕上がりました。

正月に間に合ったと思いますが、使っていただけたか、ちょっと不安です。

漆器を扱いにくい器と考える方もいますが、本当の漆器は普段使いに問題ありません。

長時間、水に浸けなければ問題ありません。

熱い汁物は、間違いなく漆器で食べて欲しいです。

修理後の写真を取り忘れたので、修理状況はお伝えできません。

ぜひ、食卓に漆器をご利用下さい。

https://youtu.be/Z9KCM7FhzkA

rimg0002_2.jpg

時代椀 溜 浄法寺塗 浄法寺漆器 お椀 民芸 民藝 きょうの料理 漆器

価格:12,960円
(2019/1/8 19:36時点)
感想(1件)


宿坊で使われた椀

修験道で使われていた椀です。

宿坊だったと思われるお宅に残っていました。

一汁一菜で生活するとすれば、このセットはとても便利です。

すっきり生活のために、導入をと思うときがあります。

6セットが、全国各地に嫁ぎました。

どのように使われているんでしょう。

熱い汁物はぜひ漆器で!

各家庭で、3個購入していただければ、後継者が生活できるとの試算があります。

https://youtu.be/LfHZ9E5MyIA

i-img1024x768-1537683676qgrh7i210010_20190108203706f9d.jpg

浄法寺漆器工芸企業組合 岩舘隆 浄法寺塗 浄法寺椀(小)朱 【国産漆100%仕様】 お椀 民芸 民藝 きょうの料理 漆器

価格:10,800円
(2019/1/8 20:38時点)
感想(1件)


テーマ: - ジャンル:趣味・実用

一汁一菜の椀

三戸地方の山岳信仰の修行者が使っていた器です。

このままでも使えます。

江戸に嫁ぎます。

どのように使われるんでしょうか。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n289330384

i-img1024x768-1536474590gmvfkl452987.jpg

ゼロから月収60万円! 骨董ネットビジネス入門

新品価格
¥9,024から
(2018/9/15 16:16時点)




テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

大津絵は楽し

大津絵にも興味を持っています。

骨董に楽しさを教えてくれた人から譲られたものです。

少しですが、集めています。

大津絵に関する書き物も、読んでみると面白いです。


現在に、何らかの形で現在に復活させたいですね。

漆器の蕎麦猪口に大津絵を描いてもおもしろそうです。

http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/

jshe532navg7w2.jpg

花の香 純米吟醸 菊花 1800ml【日本酒】【九州地方 熊本県】 ※7月~9月初旬はクール便をおすすめします

価格:2,776円
(2018/9/9 20:39時点)
感想(0件)




続きを読む

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad