FC2ブログ

世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客将大里修理親基

九戸政実の客将大里修理親基は、武蔵七党丹党安保実光の子孫と言われている。

武蔵七党とは、畠山重忠にも縁があったはずで、鹿角にも近い浄法寺とも深い繋がりがありそうだ。

大里修理親里を祖とする鹿角安保氏の惣領である。

陸奥国鹿角郡大里村(現 秋田県鹿角市八幡平)の在名により氏とした。

鎌倉期に郡内地頭職に任命され、鹿角安保氏の惣領は大里村を領した大里上総、次男が花輪村を領した花輪次郎、三男が柴内村を領した柴内弥次郎と言われる。

彼らは「安保三人衆」とも呼ばれた。

安保氏が成田氏と同族関係にあって、安保氏が成田氏を名乗り、南北朝期には大里に拠った成田小二郎左衛門尉頼時と六郎奉時が南朝方であり、北畠顕家の下で頼時は鹿角の国代に任ぜられた。

建武4年(1337年)津軽の曾我貞光が足利尊氏に呼応して戦端を開くと、成田奉次は南部師行らとともにこれを破った。

永禄元年(1558年)鹿角侵入を図った檜山の安東愛季に一族の応じ、大里備中が呼応して長牛城を攻撃したために、鹿角は一時安東方の占有するとこになった。

しかし、同11年(1569年)、南部信直の出陣によって秋田勢は敗れ鹿角から撤退した。

その後、大里氏は旧領を回復し、戦国後期には他の鹿角郡の領主と同様に南部勢力下にあったと思われる。

大里修理親基は、三戸の信直と終始反目し、天正19年(1591年)、九戸政実の乱において同郷の大湯四郎左衛門昌次と共に九戸氏側に加わった。

戦いでは中心的役割を果たしたとして九戸城降伏の際、政実ら主だった首謀者達として集められ、栗原郡三迫(宮城県栗原市)で処刑された。

https://youtu.be/VrxfQJSVPgk



スポンサーサイト

テーマ:雑学 - ジャンル:その他

亀千代伝説

九戸政実の一子亀千代は、11才だった。鹿角郡から津軽に行き、再興を図るべく、落城の迫った8月23日に城を脱出した。

馬淵川を渡り、米沢、下斗米、上斗米を越えて、田子の上郷まで逃れた。

後見人は佐藤外記であった。

外記は、政実の実弟・実親の奥方が三戸南部本家から輿入れの時、付家老として九戸の渦中に入った人物である。

南部信直は、亀千代が城を脱出したとの情報を得て、追っ手を差し向けて探索させた。

亀千代一行が、上郷の左羽内に差し掛かったところ、馬上の亀千代が、「外記、ゲキ、お前の顔色が悪いが何事か」と聞いた。

外記は、「追っ手が迫っています。敵の手に渡すには及びません。覚悟を。」と突然、背後から鎗を構えた。

亀千代は、子供ながら落ち着いて、「鎗では首を刎ねられまい。この刀を使え。」と自分の刀を取って外記に渡した。

また一説には、亀千代が子供とあってトンボ取りに夢中になり、指をグルグル回していた。

背後に忍び寄る気配がしたので振り返ると、外記が鎗をしごいていた。

亀千代はとっさに叫んだ。

「こらっゲ」と叫んで首を刎ねられた。

地元の人は、この場所を「コラゲ」と呼んでいる。

外記は、信直から許されて,姓を下参郷と改めて、田子十六村を勤める胆入りとなったと伝わっている。

田子地方の童歌に、「ダンブリコダンブリコ、グルグル回して首ちょん切るぞ」として、後世に伝わっている。
別の伝承では、首を刎ねられたのは、病死した同じ年頃のであり、津軽為信の協力で津軽に落ち延びたとも伝わる。

津軽家臣に、九戸氏がいるので、全く荒唐無稽の伝承でも無いような気がする。


https://youtu.be/VrxfQJSVPgk





テーマ:岩手県 - ジャンル:地域情報

九戸政実 パート1

九戸政実に興味を持ってもらうために、動画を掲載しました。

まずはご覧下さい。

九戸氏の出自は、一応南部の一族となっていますが、元々は小笠原だったという説もあります。

伊達政宗とも通じていたとも言われています。

宮城県の栗原市には九戸政実を祀るほこらがありますよ。

その周辺の地名も「九ノ戸」として残っています。

カシオペア歴史研究所



南部九戸落城

中古価格
¥4,976から
(2018/3/4 19:04時点)




テーマ:岩手県 - ジャンル:地域情報

九戸政実

秀吉に戦いを挑んだ最後の武将。

知っていましたか。

室町幕府からも関東衆として記録されています。

秀吉より、一歳ほど年上。

九戸郡の久慈周辺で生まれた津軽為信とは幼いころから知り合いだった可能性がある?

伝説によれば、九戸落城後に政実の子が津軽に逃れたらしい。

確かに津軽方面には九戸姓が残っている。

まずは九戸城を知って下さい。



カシオペア歴史研究所

天を衝く〈上〉―秀吉に喧嘩を売った男・九戸政実

新品価格
¥2,160から
(2018/3/3 20:43時点)



テーマ:歴史&スピリチュアル・ミステリー - ジャンル:

九戸城主

今となっては昔のことである。

400年前の天正年間、関白秀吉の天下に反旗を翻す田舎武将がいた。
名前は九戸政実。 北奥随一の武将である。

事の発端は南部一族の相続問題である。しかし、いつの間にか天下人の秀吉に対する反抗と言うことになった。
前の年には、小田原の北条氏が豊臣の軍門に降り秀吉に反抗する者は誰も居ないはずなのである。

「気に入らない」というのが政実の気持ちだったのかもしれない。
昨日まで秀吉の名前を知らなかったような者までが秀吉に頭を下げている。
何かがおかしい。九戸党5000人で秀吉軍10万人と対決することを決意する。

天正19年8月25日、九戸対豊臣軍による中世最後の戦が始まった。
豊臣軍は徳川家康、蒲生氏郷、浅野長政など名だたる武将10万人で攻めてきた。
姉帯城、根反城の九戸側の城は奮闘むなしく落城した。

政実は浪打峠(末の松山)を固めた。
秀吉軍は北へ一歩も入ることはできない。

思いもかけなかった展開にあわてた秀吉軍の蒲生氏郷と浅野長政は、それから卑怯な戦法ばかりを使う。
まず、政実の実弟・中野修理を九戸城攻めの先頭に立たせる。
九戸城の包囲には北奥の武将を配置する。
実際に命をかけて戦うのはかつて九戸の仲間だった連中だ。

10万の大軍で5千人の九戸城を落とすのは朝飯前だったはずだ。
ところが落ちない。攻めるたびに秀吉軍の死者が出た。
「こんなちっぽけな城に手を焼くのは秀吉軍の恥だ。早く落とせ」と蒲生氏郷はあせるが落城しない。

浅野長政が「政実は長興寺の和尚・薩天を無二の親友と思っている。この和尚を使って開城させよう」と提案した。
そして、薩天を呼び出し「九戸の戦いは見事である。関白殿も感服している。城を明け渡せば知行地を与えることを約束しよう。」と言った。薩天和尚は、浅野ほどの武将が仏門にあるものを騙すことはないと本気で考えた。

城に入って政実を説得する。
弟の実親は、「上方武士はだまし討ちが得意と聞いている。罠かもしれない」と進言する。
しかし、親友の言葉を信じて政実は開城を決意する。

やはり長政の言葉は嘘だった。
九戸方の主立った武将が長政の陣に入ると捕虜となり、秀吉軍の総大将のいる栗原郡三の迫(宮城県)まで護送された。
そこで一切の申し開きも許されずに斬首された。

開城した九戸城は、九戸方の兵士ばかりでなく女子供まで一ヶ所に集められ火が放たれた。
火炎の地獄の中で皆殺しにされた。

北国の人々は、九戸政実の事を忘れてはいない。
首が切られた三の迫の人々は九戸神社を作り、政実の武勇を語り継いでいる。
九戸を逆臣と訴えた、三戸(盛岡)南部家でも九戸政実をその武勇を讃え特別の伝え方をしている。
地元の某校では校歌に九戸政実の史実を伝えている。

http://www.airinjuku.com/kikou/kikou004.html

kunohamasazane.jpg

天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実(1)【電子書籍】[ 高橋克彦 ]

価格:454円
(2017/12/19 20:43時点)
感想(0件)


テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。