江戸末期の秀衡?

謎かけのようですが、江戸期には秀衡椀と呼ばれた椀がありました。
しかし秀衡塗りと呼ばれた椀はありません。
現在、秀衡塗りと呼ばれる工芸品は、明治以降に盛岡で作られたモノです。

しかし、秀衡椀と呼ばれるモノが江戸期から存在していたのも事実です。
一説には、秀衡は南部椀と同じと書いてあるモノもあります。
どちらも心惹かれる工芸品には違いありませんね。

1732011


スポンサーサイト

こぶくら 3月4日

知り合いが盛岡の土産として「こぶくら」を購入したようです。
形も良く、塗もしっかりしていました。
値段も高級品です。
でも、一生モノです。
大切に使ってほしいですね。

073401

http://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005



 | ホーム |