世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

明治36年頃

岩手の北壁にも明治30年中期には、野球道具も揃い対外試合も催されるようになった。
それまでは、袴姿での球戯であったようだ。
明治末には、旧制の福岡中学を卒業した者を中心に社会人チームも作られる。
早稲田大学なども、時々立ち寄り試合をするようになったのもこの頃からである。

meijiji

カシオペア歴史研究所




スポンサーサイト

FC2Ad