プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
岩手の世捨て人です。ある時はせんべい汁屋、ある時は漆芸職人。正体不明でがお付き合い下さい。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者の足跡


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



新潟県の中学生グッジョブ!!!

新潟県の中学生。
ナイスです。



http://www.airinjuku.com/index.html



スポンサーサイト

佐賀あら玉

この頃は古い駅弁の包み紙の惹かれています。
浮世絵に通じる芸術性を感じますね。
コレクションは、それほど多くはありませんが、なかなか楽しいです。
地元の「北福岡驛」を探しています。

19330825sagazoom.jpg

カシオペア歴史研究所



一戸の野球人

福中・福高出身のプロ入り1号が小田野柏(昭和10年3月卒)である。一戸町の出身で、小学校時代にも全国大会に出場した。福岡中学に進学してからも昭和6年にはレギュラーとして甲子園にも出場。

  福岡中学卒業後は青森営林局、仙台鉄道管理局へと進んだ。昭和13年に阪急球団に入団。投手と野手をこなすオールラウンドプレーヤーとして活躍した。投手として23試合に登板し通算5勝をマークした。後に打撃の神様と呼ばれる川上哲治がプロ入りして最初に対戦した投手が小田野柏である。

  最盛期に応召されて戦地に赴いた。敗戦後「野武士集団」と呼ばれた社会人野球チームの豊岡物産(埼玉県)に入団、選手として出場した社会人大会で日本の野球史に残る快挙な成し遂げた。天覧試合でのホームランである。天覧試合のホームランというと、巨人対阪神戦で長嶋選手が村山投手から打ったことが有名だが、実はこれが初めてのホームランではない。長嶋より12年ほど前の昭和22年8月3日、都市対抗開幕戦で初ホームランは生まれた。

 この後、小田野は昭和25年に毎日に復活し、西鉄・近鉄・高橋などで活躍する。プロ実働7年間での通算成績は、打者としては517試合に出場・1501打数368安打・11本塁打・136打点・54盗塁・通算打率241の成績を残した。また、投手として23試合に登板し5勝7敗、137回2/3イニング投げて被安打90,奪三振37,与四死球65,自責点24,通算防御率1,56の成績だった。


カシオペア歴史研究所

021.jpg




チベット国旗

現在は中国共産党政府が不法に占拠しているチベット、古くからシナとは別の国であった。シナの本来の領域は、万里の長城に囲まれた地域である。万里の長城は、シナの領域が万里の長城の内側だったことの証明である。

シナの共産党政府に不法占拠されているチベットではあるが、美しい国旗を制定している。その国旗は、亡命チベット人のつくったものではない。7世紀にチベット国王のソンツェン・ガンポが国を統治していた間、チベットは、中央アジアでもっとも強大な帝国であった。その頃のチベットは、286万人の軍隊を所有して独立した国だったのである。

雪山と2頭のスノー・ライオンが描かれたチベットの旗は、共産主義中国がチベットに侵攻するはるか昔から存在していた。

チベット国旗の起源は、6世紀、ソンツェン・ガンポ王の時代にさかのぼる。王の軍隊の各部隊は、それぞれ異なる旗を使用していた。ヤル・トゥ連隊の軍旗は、向かいあった一対のスノー・ライオンで飾られていた。 ヤル・マ連隊の軍旗は一頭のスノー・ライオン、Tsang-Ru Lag連隊では直立した一頭のスノー・ライオンが空へ向かって跳躍していた。  続く

kindaisi011.jpg


カシオペア歴史研究所





狼魔人日記

この頃注目しているブログ。
狼魔人日記です。


大田元知事の沖縄県民葬、「おごそか」ではなかった

2017-07-30 14:05:51 | マスコミ批判



連日暑い日が続き、室内に居ても熱中症に罹る人も増えているようです。

今日のアップが遅れましたが、体調を崩したわけでは有りません。

パソコンも人間並みに熱中症に罹るようで、我が愛用のパソコンも過熱して、数日前より不具合が生じていましたが、今朝になってついに使用不能に陥ってしまいました。

筆者のPCの師匠であるT君に出動願って、やっと修復、先ほど使用可能になりました。

今日のエントリーは、大田元知事の県民葬で沖縄2紙が決して報道しないニュースの紹介でお茶を濁させて下さい。

続 く



原則と政策

 中国の「一つの中国原則」とアメリカの「一つの中国政策」は別物である。これは英語文献では ‘One China principle’ と ‘One China’ policy と表記し区別される(引用符がない場合もある)。この用語の使い分けは,米中関係の中核問題である台湾について,米中双方の立場・利害が異なることを示す。しかし,両者を混同させた報道・解説も多々見られる。これは,日本メディアに限らず,米メディア,台湾メディアでも長きにわたって発生している現象である。
 その原因は,次のように整理することができる。
① 中国の「一つの中国原則」はわかりやすいが,米の「一つの中国政策」は戦略的あいまいさを含むためわかりにくい。
② 新聞などでは字数が制限されるので,説明が簡略化され,その過程で不正確な認識が広がりやすい。また,「一つの中国」が外交上の争点であった1970年代から長い時間が経過し,記者や識者が当時の文脈を知らないまま発信することが少なくない。
③ 中国側は「一つの中国原則」が世界中で受け入れられているという演出をしたいので誤った記事・解説に訂正を求めないし,米の「政策」は中国の「原則」と同じという誤認が広まることは好都合である。一部の台湾メディアにも,このような傾向が見られる。他方,米側は「二枚舌外交」と言われることを警戒し,あえて「政策」と「原則」の違いを強調しない傾向がある。

続 く

19702105_1383884134982480_6940706902885957261_n.jpg



呉昌征

日本のプロ野球黎明期に活躍した台湾人。
嘉義農林学校で甲子園に出場。
巨人軍、阪神、毎日などの球団で活躍。
彼の活躍を調べると、日本の近代史に通じるものがあります。

20110617_4540754.jpg

http://www.airinjuku.com/index.html



自家製冷麺

盛岡冷麺ではなく、浄法寺冷麺を考案。
目標は大昌園です。
盛岡では復活しているようです。

img_2.jpg

カシオペア歴史研究所

大英帝国を支えた政治家

今、最も興味ある政治家です。

200px-Lord_Palmerston_1855.jpg


イギリスの政治家。アイルランド貴族の家に生まれ、1802年父の死とともに子爵となる。
1807年トーリー党員として下院議員となり、1809年より約20年間陸相を務めた。
党内自由主義派に属し、1830年にホイッグ党(後の自由党)に合流、グレー内閣の外相を皮切りに、以後30年間外相や首相としてイギリス外交を指揮した。

ヨーロッパ大陸では、フランスを牽制(けんせい)し、1832年のベルギー独立達成は、彼の外交の初の輝かしい成果とされた。東方問題では、ロシア、フランスの進出を阻止してオスマン・トルコ帝国の保全を図り、ヨーロッパの勢力均衡維持に努めた。
 一方、中国に対しては1840年のアヘン戦争、1856年のアロー戦争などによって開国と不平等条約を強制し、また、インドでは1857年の大反乱(セポイの反乱)を鎮圧するなど、高圧的な政策をとった。つねにイギリスの国益擁護を前面に打ち出したその外交路線は、多くの国民の人気を博し、死去するまで「オールド・パム」の愛称で親しまれた。

カシオペア歴史研究所



駅弁包み紙 牛めし

30年ぐらい前に食べたことのある駅弁。
その包み紙を、掲載しているサイトを懐かしく見ています。

今でも販売しているんでしょうか。
旅の方法も、30年前とはだいぶ変わってますね。
懐古趣味ですが、各駅停車の旅をしてみたいです。

b-hakodate3.jpg

カシオペア歴史研究所




 | ホーム |  次のページ»»