プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
岩手の世捨て人。ある時はせんべい汁屋、ある時は漆芸職人。正体不明?でがんばってます。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者の足跡


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



日本は人権尊重国家だ」

基地反対活動家が、意に反して日本が人権尊重国家だと証明してくれました。

http://hakkou-ichiu.com/post-7492/
のコピペです。

産経ニュースより→http://www.sankei.com/politics/news/170618/plt1706180005-n1.html

記事によると、
「山城被告の演説にチベットの人権問題に取り組むNGO(非政府組織)幹部は顔をしかめ、こう言った。
『彼は苦しんでいる他の誰かのためにスピーチしたのではなく、自分の個人的なケースを述べたにすぎない。全く理解できない』」

「山城被告の前には、ドイツに拠点を置く国際NGOの女性がチベットの人権弾圧について演説した。
2009年以降、チベットで150人以上が中国の弾圧に抗議して焼身自殺し、その家族らが処罰されたことを挙げ『中国に監視団の受け入れを迫るよう人権理事会に要請する』と主張した。深刻な人権侵害を訴えるためジュネーブに来た人々には、山城被告の発言は別世界の話に聞こえたようだ」とのこと。

当然ですよね〜。

テロの実行犯が「自分は何もしてないのに弾圧された」と訴えているようなものなんですから‥。

下の方に動画を紹介しましたが、山城博治の演説の前に我那覇真子さんが国連職員に対して注意喚起の演説を行ったようです。そこで我那覇真子さんは「刑事被告人である彼が日本政府に渡航を許され、国際組織で話す事が許されている事自体が日本では人権と表現の自由が尊重されている事を証明している」とおっしゃっていますが、まったくその通りですね。

中国で勾留されているチベット人の人権活動家が国連の場で中国政府を糾弾することができるのでしょうか‥。そのことを考えたら山城博治の言う事がいかに荒唐無稽であるかは誰の目にも明らかですし、だからこそ「お前はいったい何しに来たんだ」と冷ややかに見られたのでしょう。当然です。

それにしてもこの日本人離れした面の皮の厚さはいったいどこから来るのでしょうか? この人の頭の中には恥とか自省という概念はないのでしょうか?



スポンサーサイト

日本航空界を指導したサムライ

明治42年12月9日、我が国発の滑空飛行に挑んだ日仏3人のサムライがいた。
日本に飛行機という概念の無かった時代である。
上野の不忍池上空を飛んだ滑空機は一般庶民の度肝を抜いた。

軍人の相原四郎中尉、フランス海軍中尉のル・プリウール、そしてもう一人が我らがヒーローの田中舘愛橘である。
田中舘愛橘博士は、岩手県二戸郡福岡(現二戸市)出身の物理学者で、当時我が国の航空界の権威者である。
博士の先祖は浄法寺畠山氏の家臣であり、陸奥国浄法寺で50石を領していた。
本姓は小笠原と伝えられている。

続 き

samurai2222

八重山そば2人前(袋入り)×2袋 メール便発送




 | ホーム |