FC2ブログ

世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄宝堂のパン

二戸駅で購入できる栄宝堂のパン。

どうしてもたべたくなりました。

本日のおやつです。

コーヒーや牛乳と一緒にいただきます。

価格も手ごろです。

http://www.airinjuku.com/

2017010601_26_43.jpg

盃 朱 国産100% 浄法寺塗 浄法寺漆器

価格:8,230円
(2018/1/31 16:58時点)
感想(0件)




スポンサーサイト

テーマ:岩手県 - ジャンル:地域情報

片口 漆塗り

片口を収集して30年以上です。

中学時代に美術の先生から、古民具の美しさをレクチャーされたのがきっかけです。

目標は100個集めることですが、30個ぐらいで止まっています。

実は、漆は適度な湿度と温度が無いと乾きません。

20度ぐらいで湿度が80%ぐらいが良いようです。

眺めているだけで楽しいですよ。

http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/

rimg0049.jpg

会津塗 オンリー椀 二度塗り スリ 4.0 布貼 片口 漆

新品価格
¥3,980から
(2018/1/31 11:39時点)




テーマ: - ジャンル:趣味・実用

浄法寺漆の謎

瀬戸内寂聴尼の寺として知られる岩手県二戸市浄法寺町の「天台寺」。
東北最古の寺と言われ、その成り立ちは謎に包まれています。
寺伝によれば、奈良時代の高僧・行基によって神亀5年(728年)開山されたとされています。

その真相はともかくとして、古くから人々の信仰を集めた場所であることは間違いありません。
この天台寺が、歴史に確実に登場するのは南北朝時代です。
正平8年に作られた鰐口に「天台寺」という確かな証拠を持って登場するのです。

正平8年は西暦1363年にあたります。 
浄法寺漆器は、謎に包まれた東北最古の名刹天台寺の僧侶が自家製の什器を造ったことに始まると伝えられております。
古くから「生漆」「浄法寺漆器」の産地として知られ、室町期には確固たる地位を築いたのが浄法寺塗です。
古式浄法寺の最大の特徴は自由奔放な絵付けにあります。
その当時の浄法寺塗は、骨董の世界では「浄法寺もの」として高い評価を受けています。  

http://www.airinjuku.com/index.html

koshiki-01.jpg

iPhone7 Plus/iPhone8 Plus ケース 伊藤若冲 鳥獣花木図屏風(鳳凰)


テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

展示会

10年前の展示会広告が出てきました。

人的にも、肉体的にも厳しい現状ですが、楽しかったのは確かです。

なんとかもう一度挑戦したいです。

そのために、コツコツと資金と製品を作ります。

よろしければ、漆に興味を持ってください。

ぜひ、一人一椀で伝統工芸を支えてください。

http://www.airinjuku.com/

122942797349479505c4105.jpg

【TH】うるみ工芸 浄法寺塗 鉄鉢椀(溜)【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

価格:12,960円
(2018/1/30 16:55時点)
感想(0件)




テーマ: - ジャンル:趣味・実用

昭南島物語

昭南島物語を読み返しています。

シンガポールは、昭和17年(1942年)2月から終戦までの3年半、 日本軍が占領しますが、日本軍の占領と同時にラッフルズ博物館が改名され、 「昭南博物館」と呼ばれるようになりました。

日本軍の占領で、それまで植物園や博物館に蓄積されてきた標本や論文。
それらの文化財を壊されるのではないかと危惧したイギリス人学者がいました。

ケンブリッジ大学で生物学を学び、卒業以来シンガポールに移り住んで、 植物園や博物館で研究を続けてきたE・J・H・コーナー博士です。

そのような状況のとき、シンガポールの文化財を守るため日本から一人の学者がやってきました。
東北帝国大学で地質学を研究していた田中舘秀三博士(1884~1951年)です。

当時、「マレーの虎」という異名で恐れられていた現地指令官・山下奉文将軍に直接談判し、 昭和天皇陛下が博物学に理解が深いことを引き合いに出し、博物館館長のになることを認めさせます。

こうして田中舘博士が中心となり、日本人学者とイギリス人学者の協同研究が始まったのです。

田中舘は無給の館長であったばかりでなく、私財をはたいてコーナー博士らイギリス人学者や現地人を雇用します。

田中舘の働きがなければ、ラッフルズ博物館の文化財は破壊されたはずです。
戦争という苛烈を状況下で、国籍を超えて博物館や植物園を守り抜いた人たちがいたことは、コーナー博士はきちんと書き残してくれています。 (『思い出の昭南博物館』(石井美樹子編訳、1982年・中公新書)

ぜひ、二戸地域の方々の必読書にして欲しいですね

41VLCRcY9rL__SX365_BO1,204,203,200_


http://www.airinjuku.com/




テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

蕎麦の花は美しい

夏の高原に咲く蕎麦の花。

とても美しいですよ。

年に二回収穫できるようです。

凶作にも、荒れ地にも強い作物です。

花の可憐さは、日本人好みだと思います。

http://www.airinjuku.com/

IMG_3100.jpg

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

変わり片口

二戸地方に伝わっていた片口。 5セット発掘したのは25年前。

変わった形をしています。

3セットは青山の骨董商と物々交換。

1個は前二戸市長へ❗

最後の1個は残す予定でしたが、某ミュージシャンがどうしてもということで😅

幻の人が、あざみの如く棘刺すような言葉で買っていただきました✨

http://www.airinjuku.com/

azamikatakuti.jpg

時代椀 外黒内朱 浄法寺塗 浄法寺漆器 【受注生産約7ヶ月】

価格:12,960円
(2018/1/29 16:10時点)
感想(1件)




テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

縄文の製鉄

出雲の八岐大蛇伝説。

実は、製鉄にちなむ伝説と聞いたことがあります。

もしかしたら、製鉄は大陸伝来ではないかもしれませんね。

これからは、縄文遺跡がどんどん発掘されるでしょうから、古代技術の常識が変わるでしょう。

大陸でも、揚子江文明は白人の文化で、黄河文明はアジア系と判ってきました。



http://www.airinjuku.com/


テーマ:古代文明 - ジャンル:

福岡高校野球部秘話 飛田穂州

飛田穂州の指導を受ける

昭和25年、アマチュア野球界の重鎮・飛田穂州氏が福高を訪れて講演し野球部の指導にあたった。

昭和2年に福中が甲子園に初出場した際には、強豪相手に奮闘する田舎チームに心を打たれた飛田穂州は、新聞紙上で福岡中学の戸来誠と福中野球部を称えた。

水戸出身の飛田氏は、藤田東湖が称えた下斗米将真の出身地から参加した福岡中学に、特別な思いがあったそうだ。いつかは岩手の福岡を訪ねたいと思っていて、昭和25年の福岡高校野球部の指導に繋がった。

028.jpg



テーマ:岩手県 - ジャンル:地域情報

蒜山郷原

山郷蒜原漆器と箱に書かれた漆器を持っています。

形が良いと思い、10年ぐらい前にヤフオクで購入した物です。

興味があったので詳しく調べました。

「ひるぜんごうはら」と呼ぶ岡山の漆器です。

作りも、塗もしっかりしています。

機会があればコレクションに加えたいと思いました。

http://www.airinjuku.com/index.html

a00218088-img1200x900-1516972591pijhrh14785[1]

浄法寺漆器工芸企業組合 岩舘隆 浄法寺塗 浄法寺椀(小)溜 【国産漆100%仕様】

価格:10,800円
(2018/1/27 14:14時点)
感想(0件)




テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。