FC2ブログ

世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西郷隆盛の書簡初公開=福井藩士宛て、特別展で-県立歴史博物館

2018年09月19日 17時02分 時事通信

西郷隆盛の書簡初公開=福井藩士宛て、特別展で-県立歴史博物館


福井県立歴史博物館は19日、薩摩藩の西郷隆盛が福井藩士に宛てた書簡を22日から始まる「幕末明治福井150年博」の特別展で初めて公開すると発表した。

藩士との面会翌日に出しており、内容からも、西郷のこまやかな心遣いが読み取れるという。 

書簡は縦16.0センチ、横47.1センチ。複数の専門家による鑑定で、西郷の筆跡と確認された。

県外の個人が所蔵していたのを県が特別展のため借用した。 

安政4(1857)年、前日に面会した福井藩士の村田氏寿宛てに書かれた。

面会で打ち解けて話ができたことを喜ぶ一方、失言があったかもしれないと許しを求めている。 

村田は福井藩主松平春嶽の親書を薩摩藩主島津斉彬に渡すため薩摩を訪れていた。

西郷は書簡で、斉彬との面会が実現しそうなことも伝えている。 

西郷は文久2(1862)年に沖永良部島へ流された際、書を学んで丸みのある書体を確立したという。

この書簡を書いたのは29歳の時で、博物館の担当者は「少し荒っぽい感じがする」と話す。 

落合弘樹明治大教授(幕末維新史)は「早い時期の書簡はあまりなく、よく見る西郷の字と違うのは面白い。

『俺は斉彬の無二の忠臣である』というとがったところが書簡に反映されている」と語った。 

【時事通信社】

https://youtu.be/gCVj8Zbf6so

thumb-12145-090440-domestic[1]

高精細画像で甦る 150年前の幕末・明治初期日本 ブルガー&モーザーのガラス原板写真コレクション

新品価格
¥5,940から
(2018/9/19 19:14時点)




スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。