世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

箸供養

8月4日に「箸供養」を行っています。
無料です。

0218.jpg


お箸は古来より使った人の霊が宿ると信じられています。むやみに捨てると禍があるといわれ、使わなくなった箸を折り、霊を自分に戻すという箸折り峠の伝説もあります。

古来、日本人は昼飯は木の枝を箸代わりに使っていたようです。一度使った箸は、その人の霊が宿るとされ、必ず折ってから捨てていました。そのまま捨てると山に棲む獣に遊ばれ、その禍が自分にふりかかるのを避けるためです。箸折りの行為で魂は自分に戻ると信じられていました。

新しい「箸」が必要になったら、ぜひご用命ください!。

http://www.joboji-urushi.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad