世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

小田野柏さん

二戸地方で最初のプロ野球選手。
一戸町の中道で遊んだ野球小僧・小田野柏さんです。
小学校時代も全国大会出場。
中学校は、当時東北地方有数の名門である岩手県立福岡中学校へ。
昭和6年に甲子園出場。
卒業後は青森営林局、仙台鉄道などの実業団野球で活躍し、昭和13年に阪急球団に入団。
投手として活躍。
川上哲治が初めて対戦したのが小田野柏投手。
見事にライトフライに仕留める。(ご本人はセンターフライと言っておられましたが・・・)
その後応召されて戦地へ。

戦後は社会人野球の豊岡物産に加わり、昭和22年8月3日に行われた天覧試合で本塁打を放つ。
日本最初の天覧ホーマーは小田野柏なのである。
その後、常磐炭鉱に籍を移す。
昭和25年に毎日球団に復帰。西鉄、近鉄、高橋ユニオンズなどでプレーする。
ナイトゲームが始まった後楽園球場でも、初めての本塁打を放つ。
高橋球団では、日本初の300勝投手スタルヒンと遠征先では同部屋だったらしい。

kashiwa.jpg

http://airinjuku.jp/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad