プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
岩手の世捨て人です。ある時はせんべい汁屋、ある時は漆芸職人。正体不明でがお付き合い下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者の足跡


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



手打ち蕎麦

さて、手打ち蕎麦というと皆さんはどんな蕎麦を想像しますか。
一般的には「機械にかけずに手作りする蕎麦」と思っていませんか。
ま~~、辞典などにもそう書かれているので仕方ありませんね。
手作りで無い蕎麦とは?。
もしかして機械で作った蕎麦の事でしょうか?。

では、蕎麦づくりの機械とはいつごろに導入されたんでしょう。
明治以降なことは間違いないでしょう。
それでは、江戸時代に「手打ち蕎麦」という言葉はなかったんでしょうか?
実はあったのです。

『蕎麦と江戸文化』(笠井俊弥)という本には「手打ち」の語源として手討ち説をあげています。
手討ちというのは、殿様が、「無礼者じゃ、切り捨てぃ!」と家来に命じるのではなくて、
「無礼者そこへなおれ!」と自分で刀を抜いてみずから手を下すことです。
そこから、お侍さんが刀ならぬ包丁を持って、みずから蕎麦を打つことを、しゃれで手打ち蕎麦といったようです。

江戸時代の川柳で「手打ちそば下女前垂れを借りられる」というのがあります。
おさむらいさんが、いまから蕎麦を打つからといって下女の前垂れ(エプロン)を持って行ってしまったといった、
というような様子を詠んだものなのでしょうね。
落語の『そばの殿様』みたいなことは本当にあったようです。

なにはともあれ、蕎麦には漆器です。
宜しくお願いいたします。

17022823


http://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |