四ツ椀

浄法寺地方の旧家で使われていた四つ椀です。
旧家で使用人が使っていたもののようです。

丁稚にはいると二つ椀。
ある程度奉公すると三つ椀。
10年ぐらいすると四つ椀。
そんな話を聞いたことがあります。

塗りもしっかりしていて現在の漆器の参考になります。

1731501

http://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |