怪獣

実物は見たことがありませんが、各種資料や骨董関係の書籍で紹介されている「松竹梅に鶴亀蓬莱箱」。
その絵柄を見たときは、思わず笑ってしまいました。

怪獣のような亀。
それにもまして、つるという文字。
鶴を描くスペースがなかったのか、鶴を知らなかったのかは不明ですが、「つる」と書くその遊び心に、職人の遊び心を感じました。

1732023

http://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |