世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

ノモンハン

昭和14年(1939年)5月、満州と外蒙古(モンゴル)の国境で日本・満州軍とソ連・外蒙古軍が激突します。ノモンハン事件が勃発しました。以前は、この戦闘はソ連の機械化部隊に対して日本軍はまったく歯がたたなかったと言われてきました。

ところが、ソ連崩壊後にソ連側から新しい資料が出てきて評価が変わってきています。 
教科書などには、損耗率7割としているものもあり、この数字が一人歩きし、「惨敗」となり、ソ連が大量の戦車を投入していることから、機械化部隊に歯が立たなかったとされています。

実は、なんとソ連軍は参戦77,000名で戦死者26,000人だそうです。
一方、日本側の参戦者は30,000名で戦死者17,000名です。この数字を知れば、ノモンハンの評価も変わります。

これまではソ連側の発表の数字が一人歩きしていたのです。
ソ連に近代的機械化部隊があっ たというどうも怪しいですね。
戦車戦ではソ連軍の被害約800台にたいして、日本側の損害は29台です。航空戦でも圧倒します。ソ連側の損害が1,673機なのに、日本側は179機です。

決して負けてないよね。

nomonhan

http://www.airinjuku.com/index.html




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad