世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

日清戦争

明治15年(1882 )の壬午軍乱鎮圧以来、清は朝鮮を属国のように扱っていた。一方、日本はロシアへの警戒から大陸進出のための基地として、朝鮮を支配下に置こうともくろんでいた。

明治27年(1894)3月に起こった東学党の乱をきっかけに日清戦争が始まる。甲午農民戦争とも呼ばれるこの反乱は、朝鮮固有の民間信仰に儒教、仏教、道教が結びついた新興宗教で、弾圧されながら広まっていた東学党が起こした。

不正官僚の糾弾に端を発する反政府運動として始まり、5月には官軍を敗北させる。これに対し、朝鮮政府は独立党を率いて甲申事変を起こし、当時日本に亡命していた金玉均を上海で暗殺。これが日本の世論を激昂させ、清が反乱鎮圧に出兵すると聞くと、日清両国の勢力を均衡するための出兵が決まった。7月25日、両国は豊島沖海域で開戦する。日本軍に優勢な戦況が続き、翌年2月、威海衛での清国北洋艦隊の降伏により決着がついた。
 
続く

sinntoku

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad