プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
岩手の世捨て人です。ある時はせんべい汁屋、ある時は漆芸職人。正体不明でがお付き合い下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者の足跡


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天台寺の謎

二戸市浄法寺町の天台寺は、カシオペア地域内では九戸城と並ぶ歴史的な遺産である。
今東光氏や瀬戸内寂聴尼に縁のお寺として脚光を浴びているが、実は歴史的謎の多い寺でもある。

・宗派をそのものを名乗る国内唯一の寺院である
・寺なのに柏手を打って礼拝する
・かつては岩木山を支配していた
・宮内庁が管轄している土地がある
・長慶天皇に関する伝説がある

これだけでも歴史的ロマンをかきたてるが、さらにもう一つ歴史的なものが残っている。
祭礼の時に使われる太鼓である。

平成2年の暮れに、この太鼓の鳴りが悪いということで修理に出すことになった。
この太鼓の修理を請け負った業者は、太鼓の皮をはがした瞬間思わず息を呑んだ。
胴の内部に修理歴が墨書でびっしり書かれていたからである。

墨書1
 吊り金具の両脇に「天台寺太鼓事奉造立意趣者」と書かれていた。
 そして残念なことにそれに続く文字が、後述する墨書6のために削り取られ内容が不明になってしまった。

墨書2
 元中9年(1392年)の修理の際に書かれたもの

墨書3
 文安5年(1448年)の修理の際に書かれたもの

墨書4
 永禄2年(1559年)の修理の際に書かれたもの

墨書5
 元禄15年(1702年)の修理の際に書かれたもの

墨書6
 宝暦5年(1755年)の修理の際に書かれたもので、墨書1の文字を削って書かれている。

以上のことから確実のわかることは、この太鼓が作られたのが墨書2の元中9年よりも間違いなく古いと言うことだ。
元中9年という年号でさえ、岩手県内では最古の太鼓といえる。

国内に残る太鼓で最も古いものは、兵庫県朝光寺の永仁6年(1298年)のものである。
天台寺の太鼓が初めて改修された元中9年(1392年)より96年ほど古いことになる。
この最初の改修が行われた元中9年(1392年)でさえ、実は国内でベスト10に入る古さである。 墨書からわかることは、改修までの長い期間は約110年、短い期間は約50年である。

ところで元中9年というのは、実は南朝の年号なのである。北朝では至徳9年である。
更にこの元中9年より60年ほど前の正平18年の鰐口も残っている。
長慶天皇伝説など、こちらも歴史的ロマンを感じさせてくれる。

管理人は、天台寺の太鼓は源存じている中で日本一古い太鼓だと信じて疑わない。
いつ作られたのかと言えば、藤原秀衡没後100年で、金色堂の修理が行われた時期と予想している。
正応元年(1288年)にこの地方に影響のあった南部氏、もしくは浄法寺氏(畠山重忠の子孫)が寄進したものであろう。
南部氏も浄法寺畠山氏も、当時鎌倉からこの地を与えられた北条氏の被官(代理人)である。

tenndaiji

カシオペア歴史研究所


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |