世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

日本航空界を指導したサムライ

明治42年12月9日、我が国発の滑空飛行に挑んだ日仏3人のサムライがいた。
日本に飛行機という概念の無かった時代である。
上野の不忍池上空を飛んだ滑空機は一般庶民の度肝を抜いた。

軍人の相原四郎中尉、フランス海軍中尉のル・プリウール、そしてもう一人が我らがヒーローの田中舘愛橘である。
田中舘愛橘博士は、岩手県二戸郡福岡(現二戸市)出身の物理学者で、当時我が国の航空界の権威者である。
博士の先祖は浄法寺畠山氏の家臣であり、陸奥国浄法寺で50石を領していた。
本姓は小笠原と伝えられている。

続 き

samurai2222

八重山そば2人前(袋入り)×2袋 メール便発送



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad