世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

最初の日米決戦

 野球の伝来は明治5年から6年だとされている。いわゆる「お雇い教師」の一人だった米国人のホーレス・ウィルソン(1843-1927)が、開成学校で生徒たちに野球の手ほどきをしたとされる。

 明治6年、芝増上寺の境内に開かれた開拓使仮学校でも米国人英語教師、アルバート・ベーツが野球を教えたと言われる。開拓使仮学校は、札幌農学校、北海道大学の前身だ。ベーツの名は開拓使仮学校の設立趣意書にはないが、大蔵省のお雇いだったウィリアムの甥だった事が判明している。
 
 伝来から数年後の明治9年には初めての日米対決が記録されている。日米野球の記録が掲載されたのは、ニューヨーク・クリッパー紙であった。野球殿堂博物館の新(あたらし)美和子学芸員は、そこに掲載されている選手たちが実在の人物だったのか、どんな人物だったのか、調査を始めた。野球伝来に貢献したホーレス・ウィルソンや外交上、日本にとってなくてはならない人にまでなったヘンリー・W・デニソン。ヘボン式ローマ字を開発したヘボンの息子の名もあった。 続く

yakyuuuiuiou bvcds


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad