プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
岩手の世捨て人です。ある時はせんべい汁屋、ある時は漆芸職人。正体不明でがお付き合い下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者の足跡


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



石田三成

関ヶ原の実質的な西軍リーダーは、佐和山城主の石田三成。

敗れたあとに三成は捕縛され、京都の六条河原で首を刎ねられた。
意外なことに三成の嫡男・重家は、仏門に入ることで助命され、名を宗享と改め京都妙心寺・寿聖院の住持となっている。
ただ、僧侶の身なので妻帯は許されず、子孫を残せぬまま貞享3(1686)年に没した。
しかし、それで三成の血脈が途絶えたわけではなかった。
意外にも都から遠く離れた東北は津軽の地に、その血筋が続いているのである。

しかもなんと、藩主津軽氏の嫡流になっているのだ。
津軽藩は関ヶ原合戦後、三成の遺児を密かに領内にかくまっている。
藩祖津軽為信が、三成に多大な恩義があったからだ。

為信は、関ヶ原合戦で西軍が敗北すると、三成の次男重成とその妹(姉とする説もあり)辰姫(曽野とも)を大坂城から密かに連れ出した。辰姫については、合戦の褒美として徳川家から賜った上野国勢多郡大館(現群馬県太田市)で内々に養育した。やがて彼女が成人すると、為信は次男の側室とした。

この次男こそ、二代藩主となる信枚であった。
元和5(1619)年、辰姫は信枚の子・信義を産むが、信枚の正室・満天姫(家康の養女)に男児がなかったことから、信枚の歿した寛永8(1631)年、信義が三代藩主に就任する。すなわち、三成の孫が津軽藩主になったわけだ。

歴史は謎だらけですね。

1772101.jpg

カシオペア歴史研究所


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |