世捨て人の雑感

岩手県北部のことを中心に、漆芸、郷土史、書籍のことなど綴ります。

湯德章先生

熊本出身の坂井德藏と台湾出身の湯玉を父母に、日本統治下の台湾台南に生まれ育った。父德蔵は巡査だったが本島人による最後の抗日武装蜂起であった西来庵事件で殉職。

姓は、内台共婚法成立前に父が死んだので湯姓で湯德章(閩:Thng Tek-chiong)だが、後に叔父又蔵と養子縁組をしており、日本名は坂井姓である。

退学や転職の紆余曲折を経て、而立内地に渡って中央大学予科に法律を学び、最終学歴小学校卒業でありながら文官高等試験司法科はおろか行政科にまで合格し、台南に戻って弁護士事務所を開設した。

続 く

kindaisi010.jpg



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad