プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
岩手の世捨て人です。ある時はせんべい汁屋、ある時は漆芸職人。正体不明でがお付き合い下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者の足跡


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



大島正健

 1872年5月21日(明治5年)、東京の芝増上寺に開拓使仮学校が設置された。北海道開拓に当たる人材の育成を目指し、後に札幌に移して規模も大きくする計画であったから仮学校とよばれた。

 初年度全生徒数は120名(官費生60、私費生60)で年齢により普通学初級(14歳以上20歳未満)と普通学2級(20歳以上25歳未満)に割り振り、後に専門の科に進ませた。同年9月には女学校(官費生50名のみ)を併設した。なお、官費女学生は卒業後に北海道在籍の者と結婚することを誓わせられた。
 この開拓使仮学校で、明治6年に野球が行われたという記録が残っている。記したのは大島正健である。大島は明治6年頃は東京外国語学校(東京英語学校)で学んでおり、札幌農学校には第一期生として入学した。卒業後も同校で教鞭を執り、後に同志社の教授、甲府中学校や宮崎中学校の校長を歴任した。甲府中学校時代の教え子に石橋湛山がいる。

続 く

003-2.jpg



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |