プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
岩手の世捨て人です。ある時はせんべい汁屋、ある時は漆芸職人。正体不明でがお付き合い下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者の足跡


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



昭和6年の石原事件

 昭和2年に甲子園初出場を果たした福岡中学野球部は、昭和4年まで3年連続甲子園出場を果たし、昭和5年も東北大会決勝で敗れたが、翌昭和6年には4度目の甲子園出場を果たした。

 石原事件は昭和6年夏の岩手県大会準決勝で起きた。準決勝は福岡中対遠野中の対戦となった。創立は共に明治34年。伝統ある兄弟校同士の初めての対戦である。この年の4月、遠野中学に埼玉県川越中学から石原繁三が転校してきた。千葉県成田出身の石原は、昭和5年秋の北関東大会で川越中学の快進撃を支え注目された選手であった。

 それまでは野球に関しては注目されなかった遠野中学であったが石原の転校で状況が一変した。石原の豪腕はにより遠野中学は一躍優勝候補と目されるようになった。

盛岡中学校庭を舞台に開催された岩手県大会準決勝の試合開始前に事件は起きた。

「転校間もない石原投手は、この大会に出ることができないのではないか」と福岡中学中津川コーチが大会関係者に異議を唱えた。中津川コーチの異議を受けて、審判、大会役員、両校関係者も含めて協議が行われた。石原投手の出場が認められそうになると中津川コーチが猛烈に抗議し、石原投手の出場資格無しの結論が出そうになると遠野中学関係者が猛烈に抗議した。試合開始前の協議は2時間近くにも及び、石原投手は昭和6年夏の大会には出場資格が無いという結論で試合は開始された。

続 く

020.jpg





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |