FC2ブログ

訪問者の足跡


プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ウルトラクイズの答え

 復活ウルトラクイズに8名の方から応募いただきました。ありがとうございました。正解者は5名で、不正解の3名の方は「吉田松陰」との答えでした。質問の仕方が悪かったかもしれません。

 それでは正解です。答えは「木戸孝允」です。桂小五郎でも正解としました。明治9年に明治天皇の随行として二戸地方を訪れました。その際に旧知の間柄であった小保内定身を訪ねています。

 正解者の中から、埼玉のYNさんに漆塗りの箸を景品として進呈させていただきます。おめでとうございました。

カシオペア連邦ウルトラクイズ

kikou25_20191005093647a10.jpg

【Amazon.co.jp限定】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) Oricle 20インチ 折りたたみ自転車 FDB206 [シマノ6段変速 / バッテリーライト / ワイヤー錠 / 前後泥よけ ]標準装備 ブラック YG-777
スポンサーサイト



書籍 漆の木

書庫(単なる物置)に積み上げている本の中から出てきました。

昭和時代に出版されたものです。

読んだことがあったかどうかは記憶にありません。

中身をサラッと見てみましたが、けっこう興味深い内容です。

探せばこの種の本が各地で埋もれているはずですね。

埋もれている資料を探し出したいです。

各種書籍は捨てる前にお知らせください!

https://airinjuku.jp/

img_0_m_20190815111517be9.jpg

まえじゅう漆器 漆芸USBメモリー 4GB 赤富士 7L-921

クリエーション

今朝は4時起き。

聴いているのはクリエーション。

そして郷土史関係の原稿を書いています。

盛岡の某社から「酒」について何か書いてとの依頼です。

紫波地方の酒づくりに関しての資料をいくつかあります。

自分の書いた原稿が世に出るのは、何となく照れますがうれしいです。

https://airinjuku.jp/

hakuchizu_20190810090702cec.jpg

ロンリー・ハート+4

ソウルの日本大使館前で自殺未遂か 車が炎上、男性重体

どこかの隣国ですが、激情しやすい国民性です。

貿易問題で対立があるようですが、冷静に考えると日本は輸出しないとは一言も言っていません。

東南アジアなどと同じ手続きで進めると言っているだけです。

自殺の原因はわかりませんが、マスコミは真実を淡々と伝るだけでいいと思います。

・・・・
朝日新聞社 2019/07/19 10:16
自民の石崎氏が活動自粛、報道受け

 韓国警察によると、19日午前3時25分ごろ、ソウル市鍾路区の在韓日本大使館が入った複合ビル前で乗用車が燃え、車内にいた70代後半の韓国人男性がやけどを負って重体となった。警察関係者は、男性が自殺をはかった可能性があるとみて経緯を調べている。

 警察によると、男性は大使館が入るビル前の歩道に車を乗り入れ、玄関のすぐ前で止めたとみられる。消防隊が駆けつけて約10分後に消火した。男性以外にけが人はなかった。車内からガソリンなど引火性液体が見つかったという。

 ソウルの日本大使館前では、日本政府が韓国向けの半導体材料などの輸出規制を発表した後、抗議デモが増え、警備が強化されていた。
・・・・

カシオペア歴史研究所

昭和53年の思い出 駅蕎麦

昭和53年夏の高校野球岩手県大会の決勝戦は、盛岡一高と黒沢尻工業高校の対戦となった。

その対戦を北福岡駅の待合室で観戦していた。

200人ぐらいの観戦者が居たような記憶がある。

7回だったと記憶しているが、盛岡一高が逆転に成功し、そのまま試合に勝利し甲子園出場を決めた。

その7回の観戦中、小腹が空いたので駅蕎麦を食べていた。

食べ終わる前に逆転の場面があった。

その場面に見とれていて、蕎麦の入った容器をこぼしてしまった。

恥ずかしいやら何やらで、なんとかその場をしのいだ。

しかし、空腹は満たされない。

すると近くにいた人が蕎麦をおごってくれた。

よくよく話を聞くと、盛岡一高の卒業生だった。

この時の優勝で、盛岡一高が9回目の甲子園出場を果たした。

母校は昭和52年、昭和51年と決勝敗退。

甲子園の出場回数で抜かれた年であった。

その駅蕎麦を食べた建物もなくなり、駅名も二戸駅に変わってしまった。

当時は毎年夏になると、両校とも必ず優勝候補に名を連ねていたものだ。

令和の今では夢のような時代だった。

11回目の甲子園出場を、決勝戦で盛岡一高を破って果たしたらと考えると楽しい。

両校の奮闘を期待する。

s-l1600_20190716190648777.jpg



 | ホーム |