FC2ブログ

訪問者の足跡


プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



干し柿

干し柿を食べたくなりました。

本来であれば入手困難な時期ですが、ネットショップで購入できそうです。

江戸の風流人は、和三盆よりも干し柿の甘さを好んだそうです。

和菓子の甘さは干し柿を超えない。

それが江戸人の粋です。

江戸人の感覚に脱帽です。

https://airinjuku.jp

hakuchizu_20190901164800e4c.jpg


スポンサーサイト



小林一茶

 俳人として知られる小林一茶の故郷は、信濃国水内郡柏原村で、黒姫山の麓の雪深い里です。

この地域は、良質のソバが生産されることでも有名で、十五才で江戸の奉公に出るまでの一茶は、秋にはあたり一面に咲く白いソバ畑を見て育ったと思われます。

 50歳を過ぎてから故郷に戻り、65歳で生涯を終えます。蕎麦を詠んだ句も残されています。

そば所と人はいふ也赤蜻蛉」

 文化4年(1807)の句です。なぜかこの句が好きです。

 蕎麦の花が咲きだすと、多くの虫たちが飛来します。白い花々には、どの昆虫も似合っているが、なかでも白い花に留まり、ときに低空に飛ぶ、赤とんぼとの風景は格別です。

小林 一茶は、信濃国柏原で中農の子として生まれました。本名は小林弥太郎です。一茶とは俳号です。15歳の時に、奉公のために江戸へ出て、やがて俳諧と出会い、「一茶調」と呼ばれる独自の俳風を確立して、松尾芭蕉、与謝蕪村と並ぶ江戸時代を代表する俳諧師の一人なりました。

一茶の足跡を訪ねながら、信州の蕎麦巡りをしてみたいです。



そばもん ニッポン蕎麦行脚 16 (ビッグコミックス)

新品価格
¥648から
(2019/2/1 08:40時点)


地元の豆腐

豆腐の消費量日本地と言われる岩手県。

地元のお母さんが作る豆腐は本当に美味いです。

昨日、久しぶりに食べました。

醤油だけで食べるのが一番好きです。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

suzukitouhu









時蕎麦

落語の「時蕎麦」は何度聴いて良いですね。

浄法寺の婆ちゃんが作る蕎麦を食べ拓なりました。

祖母世代が、どんどん少なくなっています。

どうも母親世代の蕎麦より、祖母世代の物が好きです。

熱い蕎麦は、漆器でいただきたいです。

https://youtu.be/l0J5jnnuecM

yfrsyvgui1.jpg

時代椀 朱 国産100% 浄法寺塗 浄法寺漆器 【受注生産約8ヶ月】 お椀 民芸 民藝 きょうの料理

価格:21,060円
(2018/8/18 16:21時点)
感想(3件)





秋田の素麺

七月の うだる暑さに 食劣る のどごし優し 秋田素麺


今日の一句です。

本当に熱い日が続きますね。

我慢の限界ですね。

北東北でこうなんですから、南はすごいんでしょうね。

素麺が美味いです。


https://youtu.be/2TDfiMJfEOw


 | ホーム |  次のページ»»