FC2ブログ

一戸高校の大戸投手

昭和30年代、岩手県北部は一戸高校の野球部が強かった。

隣の福岡高校は昭和30年代に二度甲子園に出ているが、岩手県大会を勝ち抜くより一戸高校に勝つことが難しいと言われた。

昭和35年、大戸投手が最上級生となり、監督に小田野柏を迎えた一戸高校は優勝候補の筆頭であった。

しかし準決勝で惜敗。

甲子園出場はならなかった。

その後に慶応大学に進んだ大戸選手は、すぐにレギュラーとなり中心選手として活躍する。

第一回のドラフト会議でオリオンズ球団に指名されたが、プロ入りはしなかった。

昭和40年代後半から慶応大学の監督も務めた。

軽米高校出身の竹花投手をエースに仕上げ、全盛時代の江川と対戦した。

https://airinjuku.jp/

ダウンロード

岩手県特産品 奥中山高原アイスセット (S)計8個入
スポンサーサイト



日米親善野球

昭和24年頃の新聞記事です。

母校と米軍チームが対戦した記事です。

昭和22年に、6回目の甲子園出場を果たした主力が加わっています。

鮮明な集合写真を見たことがありますが、どこで見たか思い出せません。

ところで、昭和22年に5回目の出場は、東北地方でもベスト5に入る出場回数でした。

その後、昭和33年、昭和36年、昭和55年、昭和60年と甲子園出場を果たしています。

夏だけ10回です。

昭和の時代は、夏だけ10回出場の福岡高校と紹介されることもありました。

11回目の夏を果たしてほしいです。

https://airinjuku.jp/

86429657_1409942522518442_1331441626991558656_n (1)



久慈次郎

飛田穂洲さんの著書を読み返しています。

以前は何とも思わなかったのですが、久慈次郎のことが記述されています。

久慈次郎が早稲田に在学中の監督が飛田穂洲でしたので、久慈次郎の人物像を良く描いています。

・打率は高くないけど、ここで打ってほしいと思う場面では必ず打った。

・右翼への打球が多く、ランナーを進めるバッティングは芸術的だった。

・シカゴ大学との試合で投手を志願して、飛田監督と大喧嘩をしたが、次の日から何事もなかったよう振舞った。

・チームメートを驚かせたのは、その食欲だった。

・一回の食事で他人の3倍の量をたべた。

本当に魅力的な人物だったようです。

昭和9年には全日本の主将としてアメリカ遠征に参加しました。この時のチームが巨人軍に発展しましたが、久慈次郎は参加しませんでした。

自分を育ててくれた函館のチームに残ったのです。

昭和11年には、福岡中学から明治大学に進んだ戸来誠投手とバッテリーを組んで、巨人軍と対戦します。

花巻球場での試合は0-1で敗れましたが、久慈次郎のリードは冴えわたったと伝わります。

日本野球史に残る選手です。

カシオペア歴史研究所

DSC_0003[1]






野球史の本

ヤフオクで以前から探していた本を見つけました。

送料込みで1200円でした。

とても読み応えのある内容でした。

母校関係者も四名ほど登場。

戸来誠投手の戦績も出ていました。

当時の東京六大学で、抜群の人気者でしたが、詳しい戦績は不明でした。

調査はこれからも続行しますが、大先輩の足跡を見つけてうれしいです。

https://airinjuku.jp

DSC_0005[1]

酒処 東北六県(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島) おすすめ地酒 飲みきりサイズのみくらべセット [ 日本酒 青森県 300ml×6本 ]

最も古い日米野球

最も古い日米野球の記録は、明治9年(1876)の初夏に改姓学校で行われたことは既に紹介しました。その後、野球史を研究している方から新たな情報をいただきました。なんと米国は8名で試合に挑んだようです。

試合は、横浜から出でてきた人達の帰りの汽車の都合もあり7回で終了し、米国が34対11で勝利をおさめました。

後攻の開成学校の学生チームは、[打順(守備)氏名(読…満年齢 出身地)]
一番(一塁)石藤 豊太          17歳 1859年-1945年 広島県
二番(左翼)野本 彦一          18歳 1858年-?    広島県
三番(遊撃)靑山 元           18歳 1857年-1918年 福井県
四番(中堅)来原彦太郎          19歳 1857年-1917年 山口県
五番(右翼)田上 省三          21歳 1854年-    岡山県
六番(三塁)本山 正久          18歳 1857年-    東京都
七番(捕手)靑木元五郎          21歳 1854年-1932年 栃木県
八番(投手)久米 祐吉          21歳 1854年-    岐阜県
九番(二塁)佐々木忠次郎         19歳 1857年-1938年 福井県

先攻の外国チームの選手から紹介しよう。[打順(守備)氏名(満年齢)当時の住所]
一番(二塁)エドワード・H・マジェット     24歳 1852年-1909年 東京
二番(遊撃)フランク・M・レーシー       歳不明 ?-?       東京
三番(左翼)ホーレス・E・ウイルソン      33歳 1843年-1927年 東京
四番(捕手)ヘンリー・W・デニソン       30歳 1846年-1914年 横浜
五番(一塁)C・E・チャーチル          歳不明 ?-?       横浜
六番(三塁)オスマン・ M・レーシー      20歳 1856年-     東京
七番(投手)サムエル・D・ヘップバーン     32歳 1844年-1922年 横浜
八番(右翼)デュラハム・W・スティーブンス   24歳 1852年-     東京

初期の日本人選手 この試合の選手達以外でも、開成学校の野球を経験した人は多く知られています。

福島廉平、高須碌郎、秋山源蔵、馬場信倫、小藤文次郎、中澤岩太、平賀義美、千頭清臣、谷田部梅吉、五代龍作、大久保利和、牧野伸顕、喜多村彌太郎、田中舘愛橘なども名前があるようです。

また、当時の開成学校では、飯島魁、高松豊吉、山岡義五郎など、『皆がベースボールを盛んにやった』と言われるほどに、野球は人気となっていたようです。

https://airinjuku.jp/

009.jpg

明治時代は謎だらけ

訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR