FC2ブログ

訪問者の足跡


プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



母校野球ネタ

神宮外苑に明治神宮競技場が竣工したのは1924年(大正13)のことであり、同年から内務省主催の「明治神宮競技大会」が開始されることになった。日本のスポーツ競技普及に大きな役割を果たし、戦後の国民体育大会の基になった大会でもある。

中等野球(現在の高校野球)も第1回から開催された。ただし、野球場が完成したのは1926年の第3回大会からで、それ以前は大学グラウンドなどを用いていた。基本的に夏の全国大会上位チームを招待することが多く、この方針は現在の国体に受け継がれている。

他の競技大会と同様、戦争の影響で1942年(昭和17)の第17回をもって大会は中止となった。年次によっては「明治神宮体育大会」、「明治神宮国民体育大会」、「明治神宮国民練成大会」とも呼称していた。

1928年(昭3年)には、御大典奉祝記念大会として開催されたが、この大会には、旧制福岡中学が選抜されて出場し、見事に準決勝に勝ち進んだのである。前年夏の大会には、初出場ながら、優勝した高松商業と大接戦を演じ、春の大会には、東北・北海道勢としては初めて選抜された強豪チームであった。

春の大会には、練習部不足のため出場を辞退したが、御大典奉祝記念大会にも選抜されて出場した。御大典奉祝記念大会は、昭和天皇陛下の即位を記念して開催された大会であったが、初戦で春の選抜大会優勝の関学中学に勝利したのであった。

準決勝は、名門和歌山中学と対戦。和歌山中学の小川投手と、福岡中学の戸来投手対戦は、屈指の人気を博し、東の戸来か、西の小川かと言われた。試合は、2対3で惜敗であった。

語り継ぎたい二戸の歴史です。

中等野球 選抜大会1928年(昭3年) [御大典奉祝]

1回戦

和歌山中 000 100 100=2
広陵中 000 010 000=1
【和】 小川―島本
【広】 八十川―小川

鹿児島商 000 000 000=0
松本商 100 000 01X=2
【鹿】 能勢―餅田
【松】 中島―百瀬

高松中 003 011 000=5
早稲田実 000 000 000=0
【高】 梶原―中村新、小舟
【早】 小林―佐伯

関西学院中 103 010 012=8
福岡中 250 020 00X=9
【関】 悳、加藤―浅井
【福】 戸来―村田

準決勝

福岡中 020 000 000=2
和歌山中 000 011 001=3
【福】 戸来―村田
【和】 小川―島本

高松中 301 100 000=5
松本商 001 020 010=4
【高】 梶原―中村新、小舟
【松】 中島、佐藤―百瀬

決勝

高松中 100 000 002 00=3
和歌山中 120 000 000 00=3
※延長11回、日没のため引き分け
【高】 梶原―中村新
【和】 小川―島本

高松中 320 002 003=10
和歌山中 000 000 000=0
※高松中(香川)が優勝
【高】 梶原―中村新
【和】 小川、土井―島本

11回目の甲子園、行ってほしい。

td_medium1.jpeg


スポンサーサイト



昭和3年秋 明治神宮大会での岩手福岡中学の活躍

神宮外苑に明治神宮競技場が竣工したのは1924年(大正13)のことであり、同年から内務省主催の「明治神宮競技大会」が開始されることになった。日本のスポーツ競技普及に大きな役割を果たし、戦後の国民体育大会の基になった大会でもある。

中等野球(現在の高校野球)も第1回から開催された。ただし、野球場が完成したのは1926年の第3回大会からで、それ以前は大学グラウンドなどを用いていた。基本的に夏の全国大会上位チームを招待することが多く、この方針は現在の国体に受け継がれている。

他の競技大会と同様、戦争の影響で1942年(昭和17)の第17回をもって大会は中止となった。年次によっては「明治神宮体育大会」、「明治神宮国民体育大会」、「明治神宮国民練成大会」とも呼称していた。

1928年(昭3年)には、御大典奉祝記念大会として開催されたが、この大会には、旧制福岡中学が選抜されて出場し、見事に準決勝に勝ち進んだのである。前年夏の大会には、初出場ながら、優勝した高松商業と大接戦を演じ、春の大会には、東北・北海道勢としては初めて選抜された強豪チームであった。

春の大会には、練習部不足のため出場を辞退したが、御大典奉祝記念大会にも選抜されて出場した。御大典奉祝記念大会は、昭和天皇陛下の即位を記念して開催された大会であったが、初戦で春の選抜大会優勝の関学中学に勝利したのであった。

準決勝は、名門和歌山中学と対戦。和歌山中学の小川投手と、福岡中学の戸来投手対戦は、屈指の人気を博し、東の戸来か、西の小川かと言われた。試合は、2対3で惜敗であった。

語り継ぎたい二戸の歴史です。

中等野球 選抜大会1928年(昭3年) [御大典奉祝]

1回戦

和歌山中 000 100 100=2
広陵中 000 010 000=1
【和】 小川―島本
【広】 八十川―小川

鹿児島商 000 000 000=0
松本商 100 000 01X=2
【鹿】 能勢―餅田
【松】 中島―百瀬

高松中 003 011 000=5
早稲田実 000 000 000=0
【高】 梶原―中村新、小舟
【早】 小林―佐伯

関西学院中 103 010 012=8
福岡中 250 020 00X=9
【関】 悳、加藤―浅井
【福】 戸来―村田

準決勝

福岡中 020 000 000=2
和歌山中 000 011 001=3
【福】 戸来―村田
【和】 小川―島本

高松中 301 100 000=5
松本商 001 020 010=4
【高】 梶原―中村新、小舟
【松】 中島、佐藤―百瀬

決勝

高松中 100 000 002 00=3
和歌山中 120 000 000 00=3
※延長11回、日没のため引き分け
【高】 梶原―中村新
【和】 小川―島本

高松中 320 002 003=10
和歌山中 000 000 000=0
※高松中(香川)が優勝
【高】 梶原―中村新
【和】 小川、土井―島本

※ 昭和天皇即位の御大典奉祝の為、明治神宮体育大会は行われず、
※ 特別に全国中等学校選抜野球大会が行われた。

※ 野球統制令以前の大会>御大典奉祝 全国中等学校選抜野球大会と重複

057_201905110832079a8.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

高校野球100年史

新品価格
¥3,240から
(2019/5/11 08:35時点)



和歌山中学小川正太郎

昭和3年の野球資料を探しています。

画像は旧制和歌山中学の小川正太郎投手です。

甲子園出場8回を誇る名選手です。

戦前は理論上9回の甲子園出場が可能ですが、9回出場した選手はなく8回が最高です。

我が福岡中学は、この小川投手を擁する和歌山中学と昭和3年の秋の奉祝大会で、大接戦を演じています。

30数年前に見せていただいた資料には、「東の戸来か、西の小川か!」という見出しが躍っていたように記憶してます。

二戸市内のどこかで見た記憶がありますが、どこだったか?。



ogawasyotarou

カシオペア歴史研究所


小田野柏物語

以前に公開していた映像を、別のチャンネルで公開します。

一戸が生んだ永遠の野球小僧です。

小田野柏さんとは数回お会いすることができました。

今となっては貴重な証言を頂けたと思います。



キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

昭和2年夏の大会

以前に公開していた動画を再編集して別チャンネルで公開しました。

よろしければ観てください。

関連の情報があれば教えてください。

日本の野球史に1ページを記しました。

https://youtu.be/2UvfSgu4CBs



 | ホーム |  次のページ»»