FC2ブログ

訪問者の足跡


プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



浄法寺漆は謎だらけ

 田中庄一氏によれば、戦国時代に近江の君ヶ畑系の木地挽きが浄法寺にら来住し、浄法寺氏に仕えて多彩な椀を作った。しかし、慶長3年(1803)には浄法寺氏は南部利直によって取りつぶされ、領地没収となったのだが、浄法寺湾の製作は中断しなかった。南部氏が盛岡に築城してから幕末までの約300年間、椀作りを浄法寺通りに命じていたという。

 浄法寺椀の原木には、ケヤキ・ホオ・トチ・ヤマグワ・ハン。ブナ・ヒノキなどが用いられた。

 東北本線の好摩駅から花輪線に乗り換えると、七番目の駅が赤坂田である。ここで南部藩御用の椀木地が作られた。さらに二つ目の駅が荒屋新町で、ここから福岡町まで安比側沿いに鹿角街道続いており、浅沢は昔から椀の産地として知られていた。さらに北西に進むと浄法寺町に出るるのだが、このあたりはかつて浄法寺通りと呼ばれ、ここから産する箔椀(薄椀)は御留物(御禁制)として他領への流出をきびしく差し止められていた。

 たとえば正保二年(1624)六月二十日付の文書に、箔椀とその木地は、先年から御留物になっているから、もしわき道をかくれ通って他領に持ち出そうする者があった時、その者をとらえて差し出せば褒美を下さるであろう、という通達が残されている。したがってこれは、十七世紀中頃以前から浄法寺箔椀の評判が他領でも高く、ひそかに持ち出される場合が多かったという証拠になるであろう。

 秀衡椀の産地については諸説があり、まだ明らかにされていないようであるが、秀衡椀とは古い時代に浄法寺通りで産した椀のことであり、古式箔椀とも呼ばれていると、田中氏は述べている。

 また、浄法寺椀といわれているものには二通りあり、一つは江戸時代初期の古文書に出てくる三ツ椀、四ツ椀である。これらは三ツ重ね椀、四ツ重ね椀ともいわれ、ゴキと呼ばれた庶民用の塗り物であった。

 他の一つは、箔椀と称されたもので、南部家の定紋が入っており、浄法寺通りから盛岡城へ献上される以外は、製作、使用、販売は一切許されぬ禁制品であっったという。

http://airinjuku.web.fc2.com/joboji/joboji-hidehira/rekishi-top.html


スポンサーサイト



大黒様

程度よく残っていた花巻人形。

大黒様です。

打ち出の小槌部分が無いのが残念です。

段ボールの片隅に部品が残っているという奇跡が起こることを期待しましょう。

https://airinjuku.jp/

81224977_2636448333105109_3427815692450136064_o.jpg

1160レトロ 土鈴 色々沢山大量まとめて28個 郷土玩具郷土民芸土人形動物犬馬猫猿鶏人物アンティークコレクション趣味

花巻人形

花巻人形を何個か所有しています。

病気療養中に、物置にしまったままにして痛みが激しくなってしまいました。

割れの補修もそのままにしていました。

どのように補修しようか、並んでいるうちに数年経過してしまいました。

やっぱり漆での修理がいいでしょうかね。

https://airinjuku.jp/

DSC_0029[1]

ムー DVD-BOX 2

古椀で「ひっつみ」

年末に古椀を入手しました。

塗もよく、漆の質もいいようです。

長年使われていたらしく、口縁などに剥がれがありますが、程度よく残っていました。

おそらく明治末期のものと思われます。

当時はある程度の裕福な家で使っていたと思われます。

軽く補修をして使ってみようかと思っています。

「ひっつみ」に合いそうな古椀です。

https://airinjuku.jp/

DSC_0027[1]

南部美人 あわさけスパークリング 純米吟醸(箱付き) 720ml [岩手県二戸市]

歴史的捏ね鉢

幕末の志士と交流のあった会輔社。

明治9年には木戸孝允の訪問を受けています。

そこの関係者が使っていた捏ね鉢です。

縁があって補修を依頼されました。

体調との相談で少しずつ着手しています。

と言いながら数年経過しました。

修理が終わったら、二戸駅前の「きんじ」で活用したいとオーナー考えているようです。

早く実現したいものです。

https://airinjuku.jp/

72427548_421017658463453_3762682369690042368_n.jpg

 | ホーム |  次のページ»»