FC2ブログ

南部せんべいの謎

 南北朝時代の頃、南朝の長慶天皇が名久井岳の麓(現・三戸郡南部町)、長谷寺を訪れ、食事に困った時に家臣の赤松助左衛門が近くの農家から蕎麦粉とゴマを手に入れ、自分の鉄兜を鍋の代わりにして焼き上げたものを天皇に食事として出しました。この食べ物が後の南部せんべいの始まりであるとされています。この故事は、テレビCMなどでも放映され、多くの人に知られています。天皇はこの食べ物をとても気に入り、煎餅に赤松氏の家紋「三階松」と南朝の忠臣、楠木正成の家紋「菊水」の印を焼きいれることを許したといいます。

 八戸南部氏創始説
 応永18年(1411)の「秋田戦争」で、根城南部の兵士たちが戦場で蕎麦粉にゴマと塩を混ぜ鉄兜で焼いて食べたところ、将兵の士気大いに上がり、戦に勝利しました。その後多くの合戦に携行され、南部せんべいの始まりとなったとする説もあります。南部煎餅の分布が八戸南部氏の勢力圏と重なるので、何らかの関連がありそうです。

 キリスト創始説
 南部煎餅に文様は、古い時代には「松ヶ枝」が三段から五段つけてあったそうです。そしてその文様は何とユダヤ章に酷似していました。旧約聖書の「民数紀略六章三節ー二十一節」に、「モーゼの律法の一つに、俗を離るるの日の満たる時、幕屋の門に携えて行く供物のなかに、酵(たね)いれぬパン一かご、麦粉に、油をまぜて作る菓子、油をぬりたる酵入れぬ煎餅をもちてゆくこと」という律法があるそうです。油をぬり酵いれぬ煎餅とは、実に現在の「南部煎餅」の事だという説です。
 キリスト創始説は、一見すると荒唐無稽な説ですが、トルコ地方には煎餅焼器と同じような器具があったような文献を読んだ気がしますし、「酵いれぬパン」とは、まさしく南部煎餅のような気がします。
 煎餅の模様の「松ヶ枝」は、キリストが八戸港の松ヶ崎に上陸した「松の森」を記念として、今日まで残したとも言われます。ユダヤ教徒が祭で食べる、種無しパンのマッツァーが変じて南部煎餅になったとすれば、壮大な歴史ロマンです。以前の、カゴメ紋の入った南部煎餅もあったとも伝わりますので、カゴメ印を入れて売り出せば地域の話題になりそうです。子供のころには煎餅にカゴメ紋があったのを何となく覚えています。

https://airinjuku.jp/

kikou89 (1)

南部せんべい乃巖手屋 南部の薫り 南部せんべい 焼菓子 10種 20枚 ( 胡麻、落花生、二度焼き、しょうゆ南部胡麻、まめごろう、かぼちゃ、みどりちゃん、いか、りんご、納豆 ) 詰め合せ ギフト 贈り物


スポンサーサイト



西郷写真の謎

西暦2004年1月27日に、「カシオペア連邦と西郷隆盛」と題して謎の写真の件をこのサイトで紹介させていただきました。
なんの根拠もなく裏書きの文字だけで「西郷隆盛」の写真かもしれないと思って発表したのですが、
ここ数年間で1万件を超えるアクセスがあり結構話題を呼んでいるようです。

西郷隆盛は歴史上の人物だけに人気もあり、その写真が残されていないだけに皆さんが興味を持たれているようです。
鹿児島から遠く離れた旧南部藩領内にこの写真が存在することを俄には信じられない人も多く、あまりにも強烈な肖像画のイメージも重なり、
地元の人でさえ「あり得ない」という一言で片づけています。

西暦2004年1月27日にコンテンツを作った際には裏書きを公開しませんでした。
コピーをしまい忘れたためでした。
裏書きがあるからといって写真の人物を正しく伝えているとは限りません。
はっきり言って判断に苦しむ裏書きです。

ここでは影武者といわれている永山弥一郎が西郷隆盛と書かれています。
その下に隆道と書かれている意味がわかりません。
真ん中の人物は西郷吉之助書かれています。
その下の隆永は子供のことなのか判断に迷います。

カシオペア地方にとっては「生保内」「會輔舎」と書かれている文字が興味をそそります。

2007年の春に青森県八戸市のIさんから西郷写真についての情報をいただきました。
そのときに添付されたのが左の資料です。
某社で発行した書籍からの抜粋で、私が見つけた写真とは反対に現像されています。
服装から判断して私の見つけた写真の方が正しく現像されているものと思われます。

やはり、私の予想通り「真田事件」に関連した写真であり、永山が西郷隆盛、中央の人物が西郷小兵衛(隆盛の末弟)とされています。
残念ながらもう一人の人物については記載がありません。
I氏はこの写真の出所は八戸で幕末期に私塾を開いた栃内氏関係からのものと推測していました。

八戸のI氏からこの情報をいただいたことにより、私がフリーマーケット見つけた写真がもしかしたら「西郷一派と會輔社」を結びつける大発見になるかもしれない思いに駆られました。
少なくても馬淵川流域で同じような写真が出回っていたのです。

一般的に「真田事件」は事前に察知され未遂に終わっているのでそれ程注目されていませんが、その計画性や賛同者の数などを考えると、
北奥と鹿児島で反乱軍が決起したならば日本の歴史が変わっていた可能性も否定できないのです。

どうしても「西郷隆盛の写真」に人々の注目が集まる傾向になりがちですが、写真の中に本物の西郷隆盛が写っていないとしても、
明治初期にカシオペア地方を含む馬淵川流域の志士?たちが何らかの形で維新最大の功労者である西郷一派とつながっていることが重要な意味を持つような気がします。

https://airinjuku.jp/kikou/kikou012.html

NHK「その時歴史が動いた」コミック版 古代・中世の謎編 (ホーム社漫画文庫)

第3回ウルトラクイズ

 座敷童子で知られる金田一温泉は、昭和40年代に金田一温泉と命名されましたが、それまではなんと呼ばれていたでしょうか。漢字二文字で○○温泉と言われていましたと。

 答えをお分かりの方は、メールでお答えください。締め切りは令和2年1月15日とさせていただきます。SNS上でも出題しますが、答えは公開しないでください。宜しくお願いします。

 メールのあて先は公式サイトからお願いします。

https://airinjuku.jp/

record100.jpg

ruarkaudio R2 Mk3 Streaming Music System【英ルアークオーディオ Bluetooth / Wi-Fi / インターネットラジオ / Spotify Connect / DLNA / USB / FM : 国内正規品】

考古学少年でした

実家から少年のころに見つけた石器が出てきました。

今思えば大きな石などもあったので、何か特別の場所だったかもしれません。

この石器を見つけた数年後には、畑としてトラクターが入りました。

もしかしたら貴重な遺物があったかと悔やまれます。

いつかゆっくりと読もうとしていた考古学本もたくさんあります。

残された時間でどこまでできるか、時々考えてしまいます。

生活に余裕があればと本当に思ってしまいます。

IMGP4065.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 二戸情報へ
にほんブログ村



坊ちゃん殺人事件

夏目漱石の「坊ちゃん」は国民的な小説で、四国の松山周辺が舞台です。松山といえば道後温泉、明治の軍人秋山好古、真之の兄弟、正岡子規や山頭火などの俳人が思い浮かべます。

今回の旅情ミステリーは松山周辺が舞台で、題名も「坊ちゃん殺人事件」となっています。いつかは行ってみたいと思う「内子座」も松山です。

取材のため松山へ向かった浅見家の「坊っちゃん」光彦は、訪れた場所で何度もすれ違った、ジャガーに乗る美女から変質者扱いされます。その後、その女性が絞殺体で発見され、光彦は容疑者としてマークされました。新たに発生した事件でも関与も疑われた光彦は、2つの事件を解決するため、いつものように推理を働かせるのでした。

道後温泉は、四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉で、日本三古湯の一つといわれています。松山の知り合いによると、日本で最も古い温泉だそうです。その存在は古代から知られ、万葉集にも登場します。

四国といえば、讃岐うどんが有名ですが、松山にもご当地のうどんがあります。その名も「伊予うどん」です。讃岐うどんはコシの強さが特徴ですが、伊予うどんのコシはあまり強くなく柔らかで、のど越しの良さが持ち味です。

「鯛めし」も名物とのことです。愛媛には鯛めしが2種類あるそうです。松山に行ったら二種類を食べ比べてみたいです。小説の中にも出てきた一六タルトも名物です。

内田作品を読みながら、伝統と文学が薫る、“坊っちゃん”の舞台に旅したいと思います。

http://www.airinjuku.com/



ひと切れ一六タルト 通常サイズ 20個/箱 ー 一六本舗

価格:2,592円
(2019/3/30 08:03時点)
感想(0件)


訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR