FC2ブログ

記事一覧

天台寺雑感 平成31年4月4日

「北方の人間」守る拠点?山に囲まれた浄法寺町は今でも外部との交流はほとんど旧鹿角街道に頼っている。冬は1メートル近くの雪に閉ざされ、農家の働き手の多くは葉タバコの収穫が終わると出稼ぎに行く土地柄だ。天台寺はこの土地の小高い丘(標高320メートル)を拠点に早くから青森、秋田方面へと仏教の影響力を伸森嘉兵衛岩手大学名誉教授は「生きた人間にとって平地の方が食料を確保する点でも環境は良好なはずなのに“ばし、北...

続きを読む

桓武平氏秩父権守重綱

陸奥浄法寺の名族浄法寺氏を調べています。畠山重忠の伝説と重なりますが、今回の見つけた資料に、興味深いことが書いてありましたので紹介します。それによると、桓武平氏秩父権守重綱から出た畠山氏の分流とあります。秩父重能は畠山庄司になり、畠山に移り住み畠山を称したのです。重能の子が畠山重忠で源頼朝の信頼が厚く、鎌倉武士の典型と仰がれました。北条時政の娘を娶り頼朝とは相兄弟の仲です。 元久二年、重忠の嫡子六...

続きを読む

天台寺の太鼓

二戸市浄法寺町の天台寺は、カシオペア地域内では九戸城と並ぶ歴史的な遺産である。今東光氏や瀬戸内寂聴尼に縁のお寺として脚光を浴びているが、実は歴史的謎の多い寺でもある。・宗派をそのものを名乗る国内唯一の寺院である・寺なのに柏手を打って礼拝する・かつては岩木山を支配していた・宮内庁が管轄している土地がある・長慶天皇に関する伝説があるこれだけでも歴史的ロマンをかきたてるが、さらにもう一つ歴史的なものが残...

続きを読む

畠山重忠伝説を巡りたい

陸奥浄法寺の名族浄法寺氏を調べています。畠山重忠の伝説と重なりますが、今回の見つけた資料に、興味深いことが書いてありましたので紹介します。各地に伝説が残りますが、全国の伝説を集めて一つにまとめたら面白そうです。間違いなく、商業ベースには乗りません。中世武士 畠山重忠: 秩父平氏の嫡流 (歴史文化ライブラリー)新品価格¥1,944から(2019/2/21 19:13時点)...

続きを読む

栃木県那珂川町の浄法寺舘

栃木県那珂川町の浄法寺舘を調べています。興味深いサイトを見つけました。来年のアユの季節に行ってみたいです。http://yogokun.my.coocan.jp/totigi/ogawamati.htm  浄法寺館は、那珂川に面した河岸段丘上にあった。北には那珂川、南側にはなめり川が流れ、天然の水堀を成している。 地元の片から伺った話によると、城の辺りは「御城(みじょう)といい、またすぐ近くには「中城」という屋号のお宅がある。浄法寺氏の館で、大...

続きを読む

訪問者の足跡

プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: