FC2ブログ

ワンコイン本2冊

ワンコイン本2冊を購入しました。

また読まずに本棚を飾るだけになるかもしれません。

1冊は明治を舞台にしたもの、もう1冊は日ロ関係本です。

テレビを観るくらいなら、100円本を読む方がよっぽど人生のためになります。

某評論家は、テレビ時代を予言して日本人の白痴化を予言しましたが、その通りになってしまいました。

そろそろ電波の垂れ流しをやめて欲しい物です。

https://airinjuku.jp/

P_20190408_094013[1]

P_20190420_212737[1]


満洲関連の本

満洲関係の本がいつの間にか貯まってしまいました。

読むでもなく、見つければ思わず買っています。

その中の一冊を読み始めましたが、非常に読みにくいことに気づきました。

その大きな理由が、地名や人名を現地読みのカタカナで表現していることです。

戦後の、なんでも日本悪玉論に洗脳された著作ではありますが、ここまですとある意味で滑稽です。

書かれている内容は、それなりに良いので、本当に残念です。

むしろ人名や地名は英語表記の方がよいと思ってしまいました。

https://airinjuku.jp/

DSC_0004[1]

満洲国のラジオ放送

新品価格
¥3,300から
(2020/3/22 13:37時点)


偽書?

今ではすっかり偽書認定された東日流れ外三郡史。

たしかにとんでもは話とも思われますが、意外と地方の伝承と合致する話が多いのも事実です。

裏を返せば、地域の伝承を拾い集め、ちょっと誇張して書いたものかもしれません。

すべて作り話としてしまえば、それまでですが、地域の伝承や史跡と突き合わせてみたら面白そうです。

中世安東氏の動向なども、それなりに知られています。

各地の伝承を集めた元本のようなものがあったとすれば、作者は余計なことをしたものです。

https://airinjuku.jp/

i-img640x480-1581334171w4pu6a56352.jpg

東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)と語部 (東日流シリーズ)

大国日本の逆襲

35年ぶりに読み返しています。

購入したのは、母校が10回目の甲子園出場した時でした。

今読み返しても、氏の分析の正しさがわかります。

古書業界でも根強い人気があるシリーズです。

同じシリーズの本があったはずなのですが、どこかに仕舞忘れてしまいました。

自宅の空室を図書室にしたいのですが、一歩が踏み出せません。

皆さんの後押しが必要かおしれません。

カシオペア歴史研究所

bonnminn23img600x6001492661823d3x65.jpg

評伝 小室直樹(上):学問と酒と猫を愛した過激な天才

新品価格
¥4,655から
(2020/2/24 19:16時点)



明治のサーカス芸人はなぜロシアに消えたのか

明治の日本人に興味があります。

本書は、明治にロシアで活躍した日本人にスポットを当てています。

国内のサーカスの歴史を知ることができました。

おそらく、本格的に調べればもっと面白いことが出てきそうです。

ロシア革命さえなければもっと別な形での日露交流があったことでしょう。

ロシア帝国の拡張も国難でしたが、ロシア革命によって誕生した共産主義国家は、更なる災難です。

https://airinjuku.jp/kindaishi/kindai.html


2017092912210001.jpg

[6缶] 国産さばアソート (オリーブオイル、レモンバジル、パプリカチリソース 各2缶)  ギフト箱無
訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR