FC2ブログ

記事一覧

一戸の野球小僧 小田野柏

岩手県出身の職業野球選手第二号が小田野柏です。一戸出身で、小学校時代のも全国大会出場、福岡中学でも昭和6年に甲子園出場です。青森営林局、仙台鉄道を経て、阪急球団に昭和13年に入団。応召されて戦地に赴くまで、投手と野手で活躍しています。投手としても5勝をマークしています。現在のルールでは7勝のようで、本人もそのことを強調していました。昭和21年には、日本で初めての天覧試合で本塁打を放ちました。最後ま...

続きを読む

明治大学から指導を受ける

大正末期に、天知俊一からコーチを受けてから、昭和40年頃までは、明治大学からどんどんと指導者がやって来る。中津川昇二、鈴木銀之助、戸来誠などの名選手も、明治大学に進学し活躍する。ミスタータイガース・白坂長栄の時代にも、清水秀夫や藤本英雄など、後年のプロ野球で活躍する選手も、福中グランドにやって来て指導した。戦前は、明治大学の付属高ともいられた時期があったようだ。https://airinjuku.jp/jinbadai/jinbad...

続きを読む

甲子園球場での和太鼓

甲子園での和太鼓が、いまでは禁止されているようですが、昭和55年と昭和60年の福岡高校は見込みが許可されました。昭和55年は、ダメ元で嘆願書を書いたら許可されました。文面は自分で考え、書道部の達筆から書いてもらいました。昭和60年は、昭和55年に持ち込んだ実績を強調して許可されたと思います。数年前の一関一高が春の選抜に出場した際に、和太鼓問題が再び注目されました。昭和53年の盛岡一高は、試合途中で取り上げられ...

続きを読む

大館中学との対戦

隣の秋田県にも明治18年(1885)頃に野球が伝わった。伝えたのは医学博士の細井修吾と言われている。秋田県最初の試合は秋田医学校で行われたらしい。明治27年(1894)年創部と伝えられている秋田中学でも、明治20年前後には野球が行われていた記録がある。明治30年代にはいると、秋田の野球熱が高まり秋田県知事主催の「挑戦杯」が設けられるようになる。この「挑戦杯」は、当初は秋田中学の連覇だったが横手中学...

続きを読む

戦中の八戸中学戦

昭和16年には戦況の悪化により、全国中等学校野球大会が中断された。福中は、奥羽大会の優勝候補と目されながらの中断であった。その頃の野球部の最大の目標は、明治期から続いている八戸中学との交流戦となってしまった。昭和15年に和歌山の海南中学から転任した寺田先生は、私費を投じて八戸遠征を挙行した。当時の詳しい記録は残っていないが、八戸中学の他に青森中学や黒沢尻中学とも対戦した。試合を行うに当たっても目的...

続きを読む

訪問者の足跡

プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
まもなく還暦を迎えます。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: