FC2ブログ

行軍が年中行事に

 昭和36年の夏以来、なかなか出場できない野球部を奮い立たせようと応援団幹事が音頭を取り、盛岡まで歩いて応援に行く事となった。野球部と苦しさを分かち合うために始める。 昭和49年の事である。

 以来、有志に受け継がれている。しかし、この時に新しく始めたわけではなく、かつての応援団有志が「福中の優勝間違いなし」と言われた昭和14年に、地元開催(岩手県盛岡市)の会場まで、電車や自転車、徒歩などで球場入りしたとの伝説を復活したものである。

 戦後も、思い出したように歩いて球場入りをしたようだ。盛岡まで距離にして約80キロぐらい。初戦が紫波とか花巻の球場だったなら100km以上の行軍になる。

 昭和の時代は、初戦の二日前に出発するのが慣例であった。正門前で「遠征歌」を歌い、生徒有志からの見送りを受ける。建前上は学校非公認の行動であるので、教職員からは歓迎されない。(現在はどうか分からない) 

 しかし、がんばれと言って差し入れをしてくれる先生もいる。到着は約24時間後。数時間の仮眠をとっただけで15時間以上歩くことになる。到着と同時に「凱歌」を歌うl旧制中学時代の大先輩がいたことを覚えている。先輩方も待っていてくれて一緒に歌うことが多い。

 かつては、学校非公認の行事であり、参加した者は停学処分になったが、これまで学校側が阻止に出たことは一度もない。近年は学校公認の行事となり、校長以下の教職員、生徒の見送りを受けて出発する。(羨ましい)

 昭和55年当時、本校卒業生の漫画家(漫画協会会長、絵本作家などでも有名)馬場のぼる先輩が「暑中行軍」と名付けた。当時の人気漫画「ドカベン」に出てくる、岩手代表の弁慶高校は、盛岡一高がモデルであるが、一部本校の行軍にヒントを得て書かれたと言われている。


 当人たちは、さして深く考えず、野球部にもがんばらせるかぐらいの気持ちで始め、現在みたいに計画的に歩くのではなく、無計画、行き当たりばったりの行動だった。球場について試合直前に生徒会担当の西堀先生にえらく大目玉をくった。しかし怒りかたにいつもの迫力がなく、先生も内心はよろこんで応援してたらしい。
 その後、横山校長に謝りに行ったら、「なに、怪我がなければよろしい」ということで、「今の若者の中でこのくらいのことができるのは、福高の応援団ぐらいだ」とお褒めの言葉をいただいた。(昭和50年ごろの参加者) 

https://airinjuku.jp/nekkyo/nekkyo-top.html

011.jpg
スポンサーサイト



証言 馬場のぼる

昭和55年(1980)8月、一人の卒業生が056.jpg
母校にやって来た。 本校を昭和20年3月に卒業した馬場のぼる氏であった。目的は、野球部と応援団の激励のためであった。

その際に、自身の思いで在学中のことを話してくださった。

「まず福中に入学してビックリしたのは、5年生の応援団幹事がやってきて1年生は校庭に集 合しろと言われた。唱歌(応援歌のこと)の練習でもさせられるのかと思い、校庭に行ってみる とツマゴが並んでいる。そのツマゴを履かされ隊列を組まされ、5年生の後ろについて校庭を  走れと言われた。1時間ほど走ると、雪で荒れていた校庭が固まり見事なグランドができあが った」

「よし、お前達のおかげで野球の練習ができる」と応援団幹事。

「なるほど上手いことを考えるものだと感心した。その作業が終わった後に焼き芋を差し入れ てもらった。あれは美味かった。」

当時の馬場のぼる氏は、日本漫画家協会会長の要職にあり、度々マスコミなどにも登場していた。絵本作家としても充実していた時期であり、その代表作に「11匹のねこ」がある。

この時に、応援団幹事を中心に行われていた80キロ行軍の話題になり、「暑中行軍」と名付けてくださった。

「君たちの行軍は、僕等の間でも知られているよ。ドカベンの弁慶高校は馬場さんの母校だそうですねとよく言われるんだ」

この当時、高校球児が熱中した人気野球漫画「ドカベン」で主人公の名訓高校を破った唯一の学校が岩手県代表の弁慶高校という設定だった。

昭和60年(1985)に10回目の甲子園出場を果たした際にも、スポーツ紙の「母校を応援する」コーナーにコメントを出した。そのコメントの終わりには取材した記者の後書きが添えられていた。

「馬場さんは、突然立ち上がり‘赤き血潮のしたたりて・・・’歌い始めた。歌い終わった後に何を歌ったのかと聞いたら、母校の野球部を送り出すときに歌うものだという。卒業して40年以上経て歌えるのも驚きだった。福岡高校野球部にはこのような熱血先輩のためにも甲子園で活躍してくれることを期待する」

https://airinjuku.jp/

昭和54年7月の熱狂

昭和54年7月の写真が出てきました。

岩手県大会の初戦は遠野高校との対戦でした。

ともに明治34年開校の兄弟校。

そのことだけで、学校をサボって観に行きました。

少人数の応援だったけど、本当に昨日の事のように覚えています。

この時に観に行ったおかげで、同級生の夏の大会は全試合観ています。

得点が入った場面で、Hの旗をもって外野席を走ったところがテレビに映って、この試合を観に行ったのがばれてしまいました。

大会終了後はお約束の停学処分でした。

https://airinjuku.jp/

79n88atsu2.jpg


南部美人 純米吟醸 1800ml 岩手の日本酒

新品価格
¥2,950から
(2020/6/6 21:28時点)


昭和54年夏の初戦

昭和54年夏の岩手県大会初戦。

遠野高校との対戦となりました。

同じ明治34年創立の兄弟校で、その対戦に燃えたものでした。

そのため学校をサボって応援に行き、当然のことながら停学処分。

第一回目の停学でした。

野球応援での停学は、ある意味で名誉でした。

試合は見事な勝利で、この年も決勝戦に進出しましたが、無念の決勝敗退。

野球部の活躍に一喜一憂した青春でした。

https://airinjuku.jp/

79natsu2.jpg


高校野球応援グッツ

高校1年生の時の応援グッツが出てきました。

まだこの頃は帽子が破れていません。

1年生の秋には先輩から破帽をもらって、卒業までそれを被っていました。

手ぬぐいを裂いてつないだ紐は、得点が入った時に帽子を空に向かって投げあげるためのものです。

頂点に達した時点で、その紐を思いっきり下に引っ張ると、帽子が自分の手元に戻ってくるんです。

「福岡の揚げボッチ」といわれ、全国的に知られていました。

11回目の甲子園球場でも、ぜひ空高く帽子を投げあげて欲しいものです。

https://airinjuku.jp/

RIMG0032_20200530190906601.jpg
訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR