FC2ブログ

訪問者の足跡


プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



浮世絵かも

久しぶりに、面白そうなサイトを検索しています。
駅弁の包み紙コレクションのサイトを見つけました。

http://www.geocities.jp/obaken4649/

いろんな物を集めていらっしゃるようです。
見ているだけで楽しいですね。
駅弁の包み紙は、現代の浮世絵です。
日本独特の文化!
海外にも普及させたい物です。

eki bentoujwe

カシオペア歴史研究所


スポンサーサイト



日清戦争

明治15年(1882 )の壬午軍乱鎮圧以来、清は朝鮮を属国のように扱っていた。一方、日本はロシアへの警戒から大陸進出のための基地として、朝鮮を支配下に置こうともくろんでいた。

明治27年(1894)3月に起こった東学党の乱をきっかけに日清戦争が始まる。甲午農民戦争とも呼ばれるこの反乱は、朝鮮固有の民間信仰に儒教、仏教、道教が結びついた新興宗教で、弾圧されながら広まっていた東学党が起こした。

不正官僚の糾弾に端を発する反政府運動として始まり、5月には官軍を敗北させる。これに対し、朝鮮政府は独立党を率いて甲申事変を起こし、当時日本に亡命していた金玉均を上海で暗殺。これが日本の世論を激昂させ、清が反乱鎮圧に出兵すると聞くと、日清両国の勢力を均衡するための出兵が決まった。7月25日、両国は豊島沖海域で開戦する。日本軍に優勢な戦況が続き、翌年2月、威海衛での清国北洋艦隊の降伏により決着がついた。
 
続く

sinntoku


 | ホーム |