FC2ブログ

未使用切手400円円分

額面400円分の切手です。

駅弁の掛け紙と交換希望です。

切手に詳しい方、興味のある方はよろしくお願いします。

気長に待ちますのでよろしくお願いします。

https://youtu.be/wSdkAMoaoaw

88640x480-1512811466qrlxs314659.jpg



スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

東日流外三郡誌はファンタジーか

日本が高度経済成長を続けていた昭和の40年代。

北東北の安東氏の出自に関する奇妙な書物が津軽の或る家から出現しました。

『東日流外三郡誌』といわれる奇書で、十三湊の歴史を綴った古文書です。

この本の編纂したのは津軽安東氏の子孫で、福島県三春の藩主秋田信濃守倩季で、秋田孝季と和田長三郎に調査を行わせ、この歴史書を完成させたという触れ込みでした。

当初は、秋田孝季は三春藩主で、この歴史書は彼の業績とも言われていました。

しかしこの『東日流外三郡誌』は、歴史学者の多くは現代人が書いた偽書であるという判定をしています。

『東日流外三郡誌』では、安藤氏は奥洲藤原氏の後裔と書かれています。

『東日流外三郡誌』で安藤氏の本拠地とされる十三湊と、平泉の奥州藤原氏との関係が気になりますが、両者を結びつける文献や遺跡などは残っていません。

しかし、奥州藤原氏が東北を支配していた12世紀の遺跡は、まだ発掘途上であり、今後の調査で何らかの繋がりが出てくる可能性はあります。

古代や中世の東北に造詣の深い、東北大学名誉教授の高橋富雄氏は、著書『平泉の世紀 古代と中世の間』で、古代から奥州藤原氏時代までの十三湊について興味深い想定をしておられます。

『日本書紀』によれば、大化改新直後に、越国守安倍比羅夫による日本海大遠征がありました。

比羅夫軍は日本海を北上しながら、蝦夷を制しつつ、顎田(秋田)郡・渟代(能代)郡・津軽郡を新たに建設します。

北海道の蝦夷郡(臨時のエゾ郡)の建郡にまで及んだようです。

安倍比羅夫はこの遠征で、「有間浜」に北海道の蝦夷を招いて宴会をしまくったとかかれています。
比羅夫が津軽郡を定め、郡領を任命したときの郡府港(郡の中心としての機能を持つ港)は、「有間浜」だったはずであるというのが高橋氏の考えです。

本州と北海道とが交易しあうのに便利な「有合浜」という郡府港こそが、後の十三湊だったとみています。

『東日流外三郡誌』の作者は、日本書紀のこのあたりを資料として十三湊の安藤氏を描いたのかもしれませんね。

https://youtu.be/KhtuuvvKzFk

56509.jpg

桃川 おいらせ流純米吟醸 720ml [青森県/辛口]

新品価格
¥1,602から
(2018/8/4 13:34時点)




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR