FC2ブログ

亀千代伝説

九戸政実の一子亀千代は、11才だった。鹿角郡から津軽に行き、再興を図るべく、落城の迫った8月23日に城を脱出した。

馬淵川を渡り、米沢、下斗米、上斗米を越えて、田子の上郷まで逃れた。

後見人は佐藤外記であった。

外記は、政実の実弟・実親の奥方が三戸南部本家から輿入れの時、付家老として九戸の渦中に入った人物である。

南部信直は、亀千代が城を脱出したとの情報を得て、追っ手を差し向けて探索させた。

亀千代一行が、上郷の左羽内に差し掛かったところ、馬上の亀千代が、「外記、ゲキ、お前の顔色が悪いが何事か」と聞いた。

外記は、「追っ手が迫っています。敵の手に渡すには及びません。覚悟を。」と突然、背後から鎗を構えた。

亀千代は、子供ながら落ち着いて、「鎗では首を刎ねられまい。この刀を使え。」と自分の刀を取って外記に渡した。

また一説には、亀千代が子供とあってトンボ取りに夢中になり、指をグルグル回していた。

背後に忍び寄る気配がしたので振り返ると、外記が鎗をしごいていた。

亀千代はとっさに叫んだ。

「こらっゲ」と叫んで首を刎ねられた。

地元の人は、この場所を「コラゲ」と呼んでいる。

外記は、信直から許されて,姓を下参郷と改めて、田子十六村を勤める胆入りとなったと伝わっている。

田子地方の童歌に、「ダンブリコダンブリコ、グルグル回して首ちょん切るぞ」として、後世に伝わっている。
別の伝承では、首を刎ねられたのは、病死した同じ年頃のであり、津軽為信の協力で津軽に落ち延びたとも伝わる。

津軽家臣に、九戸氏がいるので、全く荒唐無稽の伝承でも無いような気がする。


https://youtu.be/VrxfQJSVPgk





スポンサーサイト



テーマ : 岩手県
ジャンル : 地域情報

交換希望 スバル360 イラスト

駅弁の掛け紙と交換希望です。

スバル360のイラストです。

ガレージに飾ってください。

気長に待ちます。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku20

jsgsgd8.jpg


テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

遣日使は遣唐使より多かった


日本とチャイナ、日本とコリアはギスギスした話題が多い昨今ですが、ギスギスした関係にも長い歴史があることが判りますね。

インターネットを検索すると、「遣日使」という言葉を見かけます。

戦後教育で私たちは、日本が隋や唐から日本より優れた文化を取り入れようとして、遣隋使遣唐使を盛んに送ったと教えられました。

しかし、田中英道・東北大学教授は「遣日使の方が多かった」との見解を述べています。

「日本の歴史において、常に外国から学び、模倣して日本文化が形成されている、という歴史家、評論家の固定観念が、日本の世界における文明的な位置づけを怠らせ、その意義の検討を遅らせてきたのである。遣唐使という言葉はあるが、遣日使という言葉がないこともその証拠である」

そこで思い出されるのが聖徳太子のあの有名な言葉です。

「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙(つつ)が無きや」

実は、遣唐使の何倍もの使者が唐から日本に来たと田中氏は説きます。

日本書紀には、「唐人を乗せた船が余りにも多く押し寄せたので、防人たちはすわ侵略軍かと思い弓を射た」という記述があります。

教えを請おうと渡って来たのは唐のみならず、新羅や渤海からも来ていました。

渤海は日本への朝貢国で、高句麗とは対立関係にあった国です。

鑑真和上は有名ですね。

日本へ仏教を広めるため何度も日本への渡海を試みて、やっと日本に来たときは目が見えなくなっていたと教えられました。

なぜ鑑真和上は、日本への渡海を何度も試みたかが不思議でした。

しかし、当時の日本の文化への憧憬から「遣日使」という言葉から浮かんできます。
仏教はすでに聖徳太子が国策として取り入れ、神道と仏教両輪でそれなりに安定した社会でした。

彼らにとって日本は文化果つる国ではなく、憧れの国だったのです。

明治維新後に、清国から多くの留学生が日本を目指したのと同じ現象だったのですね。

この部分を、日本の教育は教えません

チャイナの文化を吸収し、独自に高め、庶民までもが「万葉集」に見るように和歌を自在に詠む教養度の国が日本でした。

文化だけではなく、金や銀の精製技術をさえ日本は有していたようです。

遣隋使、遣唐使の人や船の数より遣日使の数が上回り、それらの人々の多くが、鑑真のように帰化する道を選びました。

当時の奈良の人口の三分の一は帰化人だったとの説もあります。

反対に、遣唐使や遣隋使として海を渡った日本人たちが、帰化して住み着いたという話は

あまり聞きません・・・・。

遣隋使、遣唐使よりも、「遣日使」が多かった事を覚えておいてください。

https://youtu.be/32viSbJ25mo




テーマ : 雑学
ジャンル : その他

訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR