FC2ブログ

佐助豚の魅力を味わえる「肉丼」

佐助豚の魅力を味わえる「肉丼」
「食事処 竹はる」を紹介します。

高校生の頃から利用させていただいているお店です。幅広い年代に愛される、味自慢の食事処です。

豚肉料理には、地元「久慈ファーム」で育てられた銘柄豚「佐助豚」を使用しており、柔らかな肉質や、とろけるような脂身が特徴です。

その美味しさを、存分に味わえるのが、一番人気の「肉丼」です。肉の厚みや大きさを工夫し、佐助豚の魅力を最大限に引き出しています。関東の友人からも、時々食べたくなるとの連絡があります。

佐助豚の豚骨で、スープをとったラーメンもおすすめです。中でも「みそラーメン」は、創業時からの変わらぬ味として、地元から県外のお客さんにまで愛されています。個人的には、麻婆ラーメンと餃子です。

お店からのメッセージ
「竹はる」といえば「肉丼」と「みそラーメン」。キッズスペースもありますので、お子様連れでもお気軽にお越しください。


岩手県二戸市堀野字長地70
営業時間 11:00~15:00、17:00~22:00 ※スープがなくなり次第終了
定休日 月曜
TEL 0195-23-4207
FAX 0195-23-4208
駐車場 あり /10台
最大人数 50人

おすすめメニュー
・肉丼 810円(税込)
・味噌ラーメン 780円(税込



佐助豚の冷しゃぶセット

価格:4,300円
(2019/2/1 18:58時点)
感想(0件)


スポンサーサイト



 二戸・天台の湯でイルミネーション

雪景色照らす光の演出 二戸・天台の湯でイルミネーション

2018年12月23日 岩手日報

 二戸市浄法寺町の稲庭交流センター天台の湯で21日、イルミネーション点灯式が行われた。来年2月24日まで、約3万5千個の電飾が雪景色を照らし、幻想的な光の世界を演出する。

 市観光協会浄法寺支部と天台の湯が主催し、今年で8回目。式では来場者のカウントダウンの合図とともに、光のトンネルやツリー形のイルミネーションが闇夜に浮かび上がった。点灯と同時に歓声が響き、夜空には打ち上げ花火が上がった。

 来年1月14日までは毎日、同15日以降は金土日曜と祝日に、午後5時から同9時まで点灯する。



docomo AQUOS sense SH-01K Frost Lavender

新品価格
¥16,785から
(2019/2/1 09:04時点)



台湾、TPP参加に意欲

台湾、TPP参加に意欲 茂木経済再生担当相「ドアはオープン」
1/20(日) 19:16配信 中央社フォーカス台湾

環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する11カ国は19日、東京都内で閣僚級会合「TPP委員会」を開いた。茂木敏充経済再生担当相は閉会後の記者会見で、加盟を目指す台湾や参加国の拡大に関する中央社の記者の質問に対し、TPPは自由で公正な新しい21世紀型のルールを受け入れる国に対して「ドアはオープン」だとし、これはどの国・地域に対しても変わらないとの立場を示した。

外交部(外務省)の李憲章報道官は同日、中央社の取材に応じ、台湾は世界標準に合わせるため、経済や貿易体制の整備を進めているとした上で「TPPの新メンバーの条件を満たしている」と述べた。政府は今後も各ルートを通じてTPP加盟国との意思疎通を図り、台湾の参加への支持を求める方針だとしている。

(東京 20日 中央社)
(楊明珠、侯姿瑩/編集:楊千慧)



ゼロから外貨を稼ぎ続ける eBay 中古輸出

新品価格
¥1,728から
(2019/2/1 13:13時点)




二戸野球事始め

二戸地方に野球を伝えたのは、誰でいつ頃のことであろうか。

結論から言うと記録は発見されていないが、当時の人々の書き残した資料などからある程度は想像ができる。

損なことを調べているうちに、田中舘愛橘博士が出てきました。

三段論法で行けば、田中舘博士のおかげで、旧制福岡中学の野球部が公認されたことになります。



南部美人 純米吟醸 1800ml〔全米日本酒歓評会吟醸酒の部優等賞純米の部金賞〕

新品価格
¥2,950から
(2019/2/1 09:19時点)


小林一茶

 俳人として知られる小林一茶の故郷は、信濃国水内郡柏原村で、黒姫山の麓の雪深い里です。

この地域は、良質のソバが生産されることでも有名で、十五才で江戸の奉公に出るまでの一茶は、秋にはあたり一面に咲く白いソバ畑を見て育ったと思われます。

 50歳を過ぎてから故郷に戻り、65歳で生涯を終えます。蕎麦を詠んだ句も残されています。

そば所と人はいふ也赤蜻蛉」

 文化4年(1807)の句です。なぜかこの句が好きです。

 蕎麦の花が咲きだすと、多くの虫たちが飛来します。白い花々には、どの昆虫も似合っているが、なかでも白い花に留まり、ときに低空に飛ぶ、赤とんぼとの風景は格別です。

小林 一茶は、信濃国柏原で中農の子として生まれました。本名は小林弥太郎です。一茶とは俳号です。15歳の時に、奉公のために江戸へ出て、やがて俳諧と出会い、「一茶調」と呼ばれる独自の俳風を確立して、松尾芭蕉、与謝蕪村と並ぶ江戸時代を代表する俳諧師の一人なりました。

一茶の足跡を訪ねながら、信州の蕎麦巡りをしてみたいです。



そばもん ニッポン蕎麦行脚 16 (ビッグコミックス)

新品価格
¥648から
(2019/2/1 08:40時点)


訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR