FC2ブログ

記事一覧

韓国海軍の新型護衛艦、3カ月間も港に停泊

少し前の記事で、どこかの隣国で新型護衛艦が進水したとの話題ありましたが、なぜか3か月間も港に停泊中らしいです。何かにつけて日本に対抗して作りたがりますが、完成後にはなぜか故障が多いと思うのは気のせいでしょうか。噂によれば、最新鋭の機器を米国から購入し、勝手に改造しようとしてポンコツにしてしまったこともあるようです。世界の最先端を行っていると自ら自慢する携帯電話事業も、5G機種はどうしようもないもの...

続きを読む

ソニー ウォークマン

昭和の家電カタログがたくさんあります。少しずつヤフオクに出品しています。意外に欲しい方がいるのにびっくりです。知識があればもう少し詳しい説明ができますが、説明文も簡単なものになってしまいます。出品して思うことは、ソニーの家電が人気だということです。カタログを深読みすると、何となく熱烈なファンがいるのが分かります。マックのPCに通じるものがるような気がします。令和の時代になっても、ガラクタを発掘して...

続きを読む

メグロのイラスト

令和を前の自室を片付けています。イラストが出てきました。メグロのイラストで、下手なような上手いような不思議なイラストです。最盛期には結構人気があって、欲しいという方がいました。スキャンしてありますのので、何枚でも作れますが、残っている分だけで止めようかとも思っています。とりあえずヤフオクに出品です。令和の時代になってもヤフオクでお世話になります。よろしくお願いします。にほんブログ村昭和レトロ メグ...

続きを読む

電子書籍 第二弾

電子書籍第二弾を書き始めました。第二弾のテーマは「自動自転車事始め」です。国産オートバイの父島津楢蔵物語です。原稿はある程度書き溜めておいたものです。半分ぐらい書き終えました。航空機エンジンのことも出てきます。これを紙の本で出版するとなると、とてもではありませんが無理です。でも電子書籍であれば、何とかなります。本当にいい時代です。ほかにもたくさん書きたいことがあります。リハビリを兼ねながら頑張りま...

続きを読む

南部美人の酒器

数年前に作った酒器です。何部美人のロゴ入りです。ヤフオクに出したら落札されました。まだ10個ぐらい残っています。再生産は未定です。必要な方には譲渡可能ですのでお問い合わせください。いろいろとありましたが、令和の時代になっても頑張ります。今夜は三陸のホヤと南部美人で晩酌です。にほんブログ村南部美人 純米大吟醸 720ml  JAL国際線ファーストクラス機内酒価格:5,400円(2019/4/29 17:20時点)感想(4件)...

続きを読む

トヨモーターカタログ

久しぶりに高額落札がありました。落札者に御礼申し上げます。新企画の資金作りで、他にも出品します。この種のカタログは残っていそうで、なかなか残りませんね。20年前であれば、もっと高額だったかもしれません。なんでもそうですが、売れるときに売らないと価格がつかない時があります。これからもコレクションを放出しますのでよろしくお願いします。にほんブログ村プロが教える儲かる「ネット古物商」の始め方新品価格¥1,51...

続きを読む

歴史戦 琉球と台湾

チャイナの共産党機関紙で、沖縄県・尖閣諸島に関し、「歴史的な懸案で未解決の琉球(沖縄)問題を再び議論できる時が来た」と主張する論文を掲載したとのスクラップが出てきました。日付が無いのが残念ですが、5年以上前の記事だと思います。それによると、沖縄の帰属は「未解決」であるというものでした。論文は、チャイナの政府系調査研究機関・中国社会科学院で中国近代史などを専門とする張海鵬研究員ら2人の連名で、「琉球...

続きを読む

江戸期の片口

趣味のコレクションに片口があります。かつては冠婚葬祭の場所では必ず使われた道具です。大きさは、径5寸ぐらいから1尺程度まで様々です。注ぎ口の作り方や、酒を注いだ時の零れない工夫。先人の知恵に驚きます。今回入手したものは、おそらく1升入りです。虫食いやヒビがあります。何度か修理が試みられた形跡があります。虫食いやヒビは、比較的かんたんに修理可能です。どのように直すか思案中ですが、完全に直すよりも、傷な...

続きを読む

芦別の奇跡

芦別の奇跡といわれるライブハウスがあります。そのディランというライブハウスの資料が挟んであったレコードです。ディランに行ったことはありませんが、以前から気になっていました。今でも続いているんでしょうかね。さて、レコードは山崎ハコのアルバムです。中古レコードで購入した記憶があります。音楽雑誌の売り買いコーナーを利用しました。今と違ってネットオークションも無かったし、近所に中古レコード店もありません。...

続きを読む

御山ゴキ

二戸地方の旧家で使われていた椀です。これで一汁一菜の生活をしていたようです。同じモノで生活してみましたが、なかなか便利です。これを水洗いして乾いた布で拭くことを繰り返すと、数年後には独特の輝きが出てきます。現在の生活様式では難しいですかね。暖かくなってきたので、古椀を発掘します。よろしければ使ってみてください。にほんブログ村浄法寺漆器工芸企業組合 岩舘隆 片口(5寸) 溜 浄法寺塗 浄法寺漆器 【...

続きを読む

訪問者の足跡

プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: