FC2ブログ

大東亜戦争と呼ぼう

米国が太平洋戦争と呼び、白人に歯向かった日本を徹底的にやっつけたのが大東亜戦争です。英米、ロシア、フランス、オランダ、そして彼らの手先となったチャイナと、がっぷりっ四つに組んでの戦いは、戦後はアジア各国を独立へと導いたのです。

戦後の米国は、共産主義と必死に戦っていた日本の真実を知り、日本の復興を助け、今では強固な日米同盟で、中露と対峙しています。

歴史を振り返ると、日本国では正式に大東亜戦争と閣議決定していましたが、戦後は占領軍の指令によって大東亜戦争という名称の使用は禁止されたのです。

GHQのスミス企画課長が執筆した“太平洋戦争史”が新聞紙上に掲載され、それ以来、日本の来教科書にも“太平洋戦争”と表記されるようになったのです。閣議決定を覆していない以上、国内では大東亜戦争と呼ぶべきです。

米国の国防省は、終戦前の1943年に、すでに“平和と戦争”というタイトルの、アメリカ側から見た“太平洋戦争史”を編集していたそうです。このあたりの強かさは見習わなければなりません。

戦後に日本を占領すると、文部省に“平和と戦争”を“教材として利用すること要請しました。“平和と戦争”はアメリカ国務省が“アメリカの戦争目的を正当化するための宣伝文書”です。

つまり“戦時プロパガンダ”なのです。第二次世界大戦は“日独伊ファシズム対“英米ソの民主主義”の戦いであり、邪悪なファシズムが負けて
民主主義が勝ったということが強調されています。スターリンを民主主義者とするところの、このプロパカンダのウソがわかります。

ソ連が民主主義とは笑わせますし、GHQが日本政府に要請してきたのは、米国が恐れた日本の精神と文化の破壊政策でした。その後の世界状況を見れば「大東亜戦争は紛れもなく黄色人種解放戦争だったといえます。

新天皇陛下の即位に、米国のトランプ大統領がやってきます。靖国神社への参拝をしていただき、同盟関係を一層強固にしてほしいものです。

103.jpg

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



一太郎

電子書籍の原稿書きをしています。

やっぱり縦書きも必要性を感じています。

よくわからないですけど、キンドルで出版するとなるとワードでは縦書きができないようです?

以前からの持論ですが、日本語のワープロとしては一太郎を推しています。

もちろん普及の状況からワードは第一選択でしょうね。

一太郎2019を欲しいです。

というか、こんなことをしている時間があったら、まずは原稿が先です。

一冊分の原稿は書きあがっていますが、日露戦争の従軍者名簿を掲載するのは不可なんでしょうか。

ダメであれば、一部書き直して仕上げます。

どなたかお判りの方は教えてください。

https://airinjuku.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

一太郎2019 プレミアム 特別優待版

新品価格
¥17,400から
(2019/4/22 18:01時点)




電子書籍出版のベテラン

電子書籍について調べまくっています。

何となく理屈がわかってきました。

解説情報が結構たくさんあります。

中には古い情報があり、それをじっくり読んで回り道をしたり、この悩む過程がいいですね。

まずは原稿を書き上げて、とりあえず出版してみることが大事でしょうね。

原稿は間もなく書きあがります。

今回知り合った方のブログです。

そして読み始めた本です。

$_1_20190422111039d7e.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

ジェフ・ベック

知り合いがレコード仕入れてきてくれました。

1枚100円で8枚です。

彼の利益を入れて2000円支払いました。

その中で気に入ったのがジェフ・ベックです。

ジェフ・ベック(Jeff Beck, 1944年6月24日 - )は、イングランド出身のミュージシャン、ギタリスです。

日本では、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジと並ぶ3大ロック・ギタリストの一人とされています。

『ローリング・ストーン』誌の選ぶ「最も偉大な100人のギタリスト」えでゃ、常に上位にランクされています。

私生活ではカーマニアとして知られます。

自宅のガレージ写真を見ると、名車が勢ぞろいです。

ミュージシャンと名車は似合いますね。

ぜひ聴いてみてください。

re67.jpg

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

エコストアレコード





訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR