FC2ブログ

デザインが素敵だ

昭和のものというわけではありませんが、ニッカウヰスキーのパッケージです。

お土産にもらいました。

子供のころは、何となくこのパッケージが怖かったです。

ニッカ物のコレクターを知っていますが、その収集品は素晴らしいものがあります。

ニッカウヰスキーも好きです。

宮城の作並工場は何度も見学しました。

また行ってみたいです。

057_20190424211334649.jpg

https://airinjuku.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

永久サポート付の中古パソコン 欲しかったあのノートが見つかります
スポンサーサイト



チャイナの勘違い

チャイナで、なぜ日本人は自分たちを打ち負かした米国を恨まないかと話題になっているようです。

敗戦は間違いなく悔しい出来事でしたが、負けたこと事実として受け止め、復興に専念し、現在の日本を築きました。

まず間違いないことは、負けた相手がチャイナでなくてよかったということです。

ソ連にも実質は負けていないとも言えます。

日本が戦った相手で、実質的に日本より経済規模が大きいのは米国だけなのです。

実は20世紀初頭の最大に親米国は日本だったのです。

戦後は、日米双方で戦ったのは間違いだと気づき、共同でソ連やチャイナと対峙しました。

日米が近づくのは当然です。それでは記事を紹介します。

・・・
日本はなぜ自分たちを打ち負かした米国を恨まないのか=中国メディア
2019年04月24日 15時12分 サーチナ

 日本と米国は第2次世界大戦では敵同士だったが、現代では同盟国となっている。しかし、中国人から見ると日米の関係性は奇妙に感じられるところがあるという。中国メディアの今日頭条は17日、かつて日本は米国に打ち負かされているにも関わらず「なぜ日本人はずっと米国人を慕っているのか」と問いかける記事を掲載した。

 これは中国人が幼い時から受ける愛国主義的な教育に関係していると思われるが、中国人は「かつて日本から受けた仕打ちを忘れてはならない」と叩き込まれるため、日本に対して否定的な感情を持つ人は少なくない。しかし、日本人は米国に敗戦した際、大きな痛手を追っているにも関わらず、「米国人に対して恨みや憎しみといった感情は無く、逆により近づこうとしている」と指摘。こうした態度は中国人からすると非常に不可思議だと主張した。

 記事は、これについて「米国が投下した原爆の被害は大きかったが、それまで神格化されてきた天皇の存在を米国が象徴としての存在へと置き換えた」とし、こうして確立された制度によって現在の日本があると説明。また、日本人は弱者には強く、強者を認め、強者に従う国民性であるがゆえに、自分たちを打ち負かした米国を慕うようになったのではないかと考察した。

 一国の勃興には様々なプロセスがあり、原動力となるものも異なる。中国人からすると「自分たちが持つような複雑な感情を、日本人は米国に抱いていない」ということが理解しがたく感じられるようだ。
・・・

download.jpg

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

ノートパソコンが1万円~ お買い得の中古PC

戦前の草相撲

原稿書きに疲れたので古写真整理です。

写真は戦前の草相撲風景です。

昭和の時代まで同じような風景が見られました。

今でも見られますが、人口減により以前ほど盛んではありません。

ともかく人口増を目指して何かをしてほしいものです。

老人が増えるのも、何ら問題ありません。

人が居れば何らかの仕事が生まれます。

かつての浄法寺町は6000人ぐらいでしたが、現在は4000人を割っているようです。

でも、75歳以上が1万人いたら、それはそれで賑わいますよ。

相撲の写真から脱線してしまいました。

18時ころから原稿書きを再開します。

https://airinjuku.jp/

joboji009.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村



ハピネス

お気に入りの1枚です。

増尾元章のレコードです。

名前からわかるように、某有名ミュージシャンの弟です。

もっと知られて良いミュージシャンですね。

者世代の方々は、本当に面白い方が多いです。

参加ミュージシャンも素敵です。

井上堯之に竹田和夫。

素晴らしいメンバーです。

ぜひ聴いてみてください。

re69.jpg

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

買取実績250万枚の実績!高額買取のエコストアレコード


訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR