FC2ブログ

浄法寺改め天台寺を名乗る

 群馬県藤岡市にある浄土院浄法寺の墓地内に建てられている浄法寺相輪橖。浄法寺は緑野寺とも呼ばれ、鑑真の弟子道忠の創建と伝える。相輪橖は弘仁6年(815)伝教大師(最澄)の発願により建立された全国六ヶ所宝塔のひとつ。全国六ヶ所とは比叡山北東塔、西塔の二か所と九州に二か所、関東の下野国大慈寺およびこの緑野寺であり、最澄存命中に完成したのは大慈寺と緑野寺の二ヵ所であった。 現在のものは寛文12年(1672)に改造されたもので、青銅製、高さ5.3mである。

 平泉の文化が花開いた頃は、大和朝廷の勢力圏は現在の岩手郡までであった。七時雨~奥中山以北は蝦夷の国で国の境でもあった。中世まで陸奥国は東の野蛮な土地という意味で日本国と呼ばれていたことは、秀吉の文書などでも記録に残っている。そうすると東北町に残る「日本中央」の石碑も大きな意味を持ちそうだ。

 天台寺が創建されたと思われる10世紀半ばには、二戸郡が大和朝廷との国境だったと思われる。その国境の地に、天台仏教は布教の拠点として「陸奥浄法寺」を創り、上野国浄法寺に縁のある畠山一族を派遣したとは考えられないだろうか。

 その陸奥浄法寺にやってきた畠山一族は、やがて浄法寺氏を名乗り、戦国期には二戸郡でも有数の戦国武士になったのかもしれない。もともとは山道下の桂の大木の根元から清水が湧き出ていたことから「桂泉観音」「御山の観音」と呼び親しまれており、霊地として崇められていた桂清水が、のちに観音の霊場として、そして古代において日本最北の仏教文化へ発展したものと考えられている。

 「天台寺」の名称が初めて資料にあらわれるのは南北朝時代、正平18年(1363年)の銅鰐口で、元中9年(1392年)と伝えられる銅鐘銘には「桂泉」の名も見られる。この頃には勢力を拡大してきた南部氏が天台寺を崇敬・保護するようになり、室町時代中期には、糠部三十三所観音巡礼の第一番札所ともなった。江戸期になり、万治元年(1658年)盛岡藩主南部重直が天台寺を再興、続いて元禄3年(1690年)、南部重信が大修理を行った。このとき建築されたのが現在の本堂(観音堂)である。このとき敷地内には27社もの末社も整備され、寺院として隆盛を誇った。

 藩からは100石を超える寺領が与えられ、別当(住職)桂寿院を中心に、徳蔵坊・池本坊・実蔵坊・宝蔵坊・中之坊・代仙坊・月山別当三光院などが補佐し、一山の運営・管理にあたっていた。
天台寺の庇護者が浄法寺氏から南部氏に移って行く過程で、天台宗の寺であることを強調するために「天台寺」と宗派そのものを名乗る寺になったのかもしれない。

カシオペア歴史研究所

643.jpg

岩手 カマンベールチーズタルト&焼ティラミスタルト セット 岩手県:パリー洋菓子
スポンサーサイト



訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR