FC2ブログ

サイトギ

 間もなくやってくる奇祭、似鳥のサイトギです。

 井桁に組んだまきを燃やし、火の粉の舞う方向などで一年の作柄を占う行事です。下帯姿の男衆が厳しい寒さの中、赤々とした火の粉を天高く舞い上がらせ、夜空を焦がすものです。

 毎年旧暦1月6日に行われるサイトギは、五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈願する伝統行事。400~500年の歴史があると伝えられ、国の選択無形民俗文化財に指定されています。

 積み上げた木を燃やし、火の粉が南方に流れると、その年は夏に冷害をもたらす「やませ」が吹かずに豊作となるといい、剣状に凍らせた「オコモリ」と呼ばれる供物の崩れ具合と併せて豊凶を占います。

 前回は市内外から男衆29人が参加。水ごりをして身を清めた後、高さ3メートルほどの井桁を木の棒でたたくなどして大量の火の粉を舞い上がらせた。今年はほとんど風がなく、火の粉がほぼ真上に立ち上がると、詰め掛けた大勢の観衆は感嘆の声を上げたそうです。

 ぜひご覧になってください。

https://airinjuku.jp/kikou/kikou077.html

020_20191227201008a15.jpg


スポンサーサイト



訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR