FC2ブログ

薪のある風景

午前中は戦利品の整理。

久しぶりに暖かい日になり、我慢できなくてサイクリングに出ました。

往復15kmぐらいでしたが、気持ちよく走れました。

途中で冬の薪作り作業に遭遇しました。

都会から来ると、この風景に憧れるそうです。

薪ストーブは不便ですが、暖かさは格別だと思います。

https://airinjuku.jp/

DSC_0029.jpg



スポンサーサイト



大黒醤油の一升瓶

地元の大黒醤油。

この醤油を使ってせんべい汁を作ると、二味は美味くなります。

一升瓶は、重いのと強度の関係でペットボトルに移行しつつあるようです。

あと何年かすれば、この瓶もラベルも貴重になることでしょう。

捨てられる前に、軽米エージェントの機転で救われました。

コレクションに認定です。

https://airinjuku.jp/

99440988_2944850688931537_4775242032371204096_o.jpg

自転車届く

心惹かれる自転車が2台、軽米エージェントから届きました。

ロードマンとアルミフレームの軽いヤツです。

これで修理待ちが4台となりました。

とりあえず、CRCを噴射しておきました。

屋内で保管するので、これ以上錆は進まないかと思います。

何はともあれ、眺めるだけで楽しいです。

https://airinjuku.jp/

99293483_2944325088984097_4368310047332106240_o.jpg

99355499_2944325308984075_6002923880920907776_o.jpg




応援旗の変遷 4

昭和40年代後半、野球部長に福村幸佑が就任しストームが復活した。

ストームの指揮には「旗」が欠かせない。

Hの旗は福岡の象徴として定着した。

97997757_2940716892678250_2403979971090448384_o.jpg

昭和30年代生まれは、難なく振っていた120cmの旗も、なぜか昭和40年代生まれになると振れなくなってきた。

120cmの旗も、製造が難しくなった。

そうしているうちに、10回目の甲子園出場が決まった。

その際に、3尺の旗を新調して甲子園に乗り込んだのであった。

https://airinjuku.jp/




折爪岳九戸側の支割桜

折爪岳の九戸側にも石割桜があるとの情報が寄せられました。

正確には「岩割れ桜」と呼ぶ総です。

近いのに行った事がありません。

桜の季節は終わりましたが、今年の探索の目標です。

それにしても、自宅から半径30km以内に三か所の石割桜。

自然の恵み<に感謝です。

https://airinjuku.jp/

99441008_2876411255814542_79526031064563712_o.jpg
訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR