FC2ブログ

刺身でいっぱい

今夜は岩手の酒と刺身で晩酌。

三陸の幸と岩手の酒、相性が良いですよ。

飲食業は自粛が緩和されたとはいえ、まだまだ苦戦です。

地元の産品を消費して応援しましょう。

https://airinjuku.jp/

DSC_0044[1]

DSC_0045[1]

スポンサーサイト



旧家からでました

南部藩士だった浄法寺町内の旧家からでたものです。

桐で作った箱に皮を張って、それに漆を塗ってあります。

用途はわかりません。

もしかしたら、家系図を入れたものだと想像しています。

二戸市内に、現在の当主が住んでいますので聴いてみようかと思っています。

漆製品には間違いないので、二戸浄法寺の宝物に認定です。

家紋のようなものが見えます。

このあたりが手がかりになるのかもしれません。

https://airinjuku.jp/

105357330_922668168231850_1976649562790567328_n_20200630071005cfe.jpg

105377341_2372327709736426_588999147379575733_n (1)

100均で購入税込み330円

秘密基地の備品に購入しました。

このごろの100均ショップはやってくれます。

ガイドロープが3m、コードスライダー、ポケットナイフです。

30年前だったら1000円は超えたと思います。

週末には、絶対にキャンプもどきを実行します。

https://airinjuku.jp/

DSC_0040[1]

濁り酒

今夜はお気に入りの濁り酒。

青森県南部の桃川です。

子供のころからCMで馴染んでいましたが、大人になって濁り酒が気に入っています。

今日は思い切って、900mlを購入。

二日酔いをしないように嗜みます。

https://airinjuku.jp/

DSC_0039[1]



家紋

浄法寺の旧家からでたものです。

漆が塗ってあります。

木で作った箱の上に皮を張ったもので、おそらく家系図を入れたものと思われます。

保存していた旧家は武士の家系で、武家に多い鷹の羽の紋が描かれています。

このお宅の家紋とは違うようなので、どのような経緯でこのお宅にあったのかわかりません。

ですが、漆製品として命ずらしいと思います。

漆の町「二戸浄法寺」に、ぴったりのものだと自己満足しています。

https://airinjuku.jp/

105357330_922668168231850_1976649562790567328_n.jpg

105377341_2372327709736426_588999147379575733_n.jpg

日本酒で晩酌

まずは地元の」南部美人」をいただきました。

一合では足りなかったので、奮発して上善如水をいただきました。

肴は鯖缶。

1000円でとても幸せな気分です。

年齢を重ねるごとに、日本酒が美味しく感じます。

https://airinjuku.jp/kikou/kikou.html

IMGP5169.jpg

骨董修理は待つこと

古漆器の修理ですが、昨日麦漆を詰め込んだ場所が固まって痩せています。

あと数回同じような作業を繰り返します。

早く固まって欲しいとは思いますが、ここは週末までじっと我慢です。

この季節は、どんなことがあっても固まりますが、冬がどうにもなりません。

湿度70%、気温25度ぐらいを維持できないんです。

でも、確実に直りつつある事は確かです。

https://airinjuku.jp/

RIMG0002_202006281931209a0.jpg

RIMG0003_20200628193119a6f.jpg

RIMG0005_20200628193118fc6.jpg

今朝の散歩

今朝は金田一の樋の沢日ノ沢観音に登ってきました。

結構な上りです。

軽装で参拝してはいけません。

距離の短い登山といった感じです。

なんとなく御利益がありそうです。

https://airinjuku.jp/

105004552_3037006609715944_1252108650205672227_o.jpg


古漆器修理中

本日は、気温と湿度が漆芸に良い環境です。

1 特大捏ね鉢の欠損部分を補修

2 片口の腐食部分に麦漆を充填

3 江戸期の捏ね鉢に生漆を塗る

以上の作業を行いました。

固まるまで、一週間ぐらいを見込んでいます。

完成したら、蕎麦を打ってみんなで食べましょう。

浄法寺の濁酒も準備しますよ。

https://airinjuku.jp/

RIMG0006_2020062720054263e.jpg

RIMG0007_2020062720055844c.jpg

RIMG0008_20200627200615caf.jpg


捏ね鉢引き渡し

捏ね鉢を無事に引き渡すことができました。

新しいオーナー様には、蕎麦の伝道師として活躍してほしいです。

お土産に、前から飲みたかった酒をいただきました。

次の捏ね鉢を修理しながら、美味しくいただいています。

昼から飲む酒は格別です。

https://airinjuku.jp/

74881503_3034801546603117_7654548847648508245_o.jpg
訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR