FC2ブログ

バイク 友達 草千里

高校2年、多感な年頃である。
何に対しても反感をし、疑問を抱き、悩み、そしてわけもなく楽しい時代だった。

当時、隣町の高校に在学していた私は下宿生活を送っていた。
当然のごとく仲間の溜まり場となる。夏休みも終わりに近づいたある日に悪友共が集まった。
美味くもないタバコ(たしかハイライトだったと思うが)を吸いながら、
BGMにレッドツエッペリンの「ロックンロール」が流れていた日曜日のことだった。

友達の一人がバイク雑誌を持ってきていた。
それを何気なく見ていると、九州の草千里でオートバイとライダーを写す企画が目に入った。
やってきたライダー全員を写した写真集を出すらしい。
頭の中に閃光が走った。次の瞬間「これに行って来る」と叫んでいた。

出発は次の日の朝。所持金は2万円+悪友がカンパしてくれた8000円。
誰から聞いたのか同級生の女の子も激励に駆けつけた。
「阿蘇のお土産待ってるね」
男とは馬鹿なもので、女の子からのそんな言葉で勇気づけられるものだ。

どう考えても無謀なのである。所持金はガソリン代だけで消えそうだ。
しかも、夏休みはあと3日で終わる。
それでも出発した。同行のパートナーはスズキGT380。

国道4号をひたすら南下する。その日の夜には福島県の郡山付近まで走った。
今と違ってコンビニなど無い時代である。ドライブインに入り「ライス」だけを注文した。
それを持ってきていたタッパーに入れ、ボンカレーをエンジンに張りつけて何キロか走る。
まるで片岡義男の世界を気取っている。
宿は当時の常識でバス停の待合小屋。そこで暖まったボンカレーで夕食。

事件は次の日の朝に起こった。GT380の鍵を無くしたのである。
何とか配線に細工をし、俗に言う直結で出発した。この事件でかなり気が滅入っていた。
昼頃に宇都宮付近で休息を取った。直結した配線を切っておくのを忘れていた。
バッテリーが上がった。愛車は動かなくなった。
どれぐらいその場で休んだのだろう。通りがかりのライダーが声をかけてくれた。
そして近くの、近くといっても20kmぐらい離れたバイク店まで乗せてくれた。
バッテリーを購入して戻った。バッテリーをつなぐとGT380のエンジンは復活した。
日が暮れ始めていた。この時に「草千里」へ行くことを完全に諦めた。
それからはひたすら北へ向かって走った。夏休み最後の日の深夜に下宿に戻った。

「進む事も大切だけど、戻る勇気も必要だ」と友達の誰かが言った。
「無事に帰らなければ全てが終わりだ」ともいってくれた。
その言葉で気が晴れた。

何ヶ月か後に写真集が発売された。
予想どおり、「風の匂い、雨のメロディー、風景の躍動感、ライダーの憂鬱、時代の共感」を感じる写真集だった。
その写真集は今でも僕の宝物だ。

https://airinjuku.jp/

hokkaido-64.jpg
スポンサーサイト



テーマ : バイクのある風景
ジャンル : 車・バイク

閉ざされた町

昨夜に続きOZのレコードを聴いています。

中学生の時に購入し、これまで何回聴いたか分かりません。

たぶん1000回は再生したと思います。

「閉ざされた町」の良いですが、「崩壊の前日」が特に良いです。

たぶん今の若者には、OZのサウンドは受けないかもしれません。

でも毎日繰り返して聴いてほしい弟子。

そんな若者、近所にいます。

16歳の時に紹介したら、いつの間にか全部のアルバムが集まったと言っています。

素晴らしい若者が、今年は成人式だそうです。

https://airinjuku.jp/

IMGP5249.jpg

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

クラシックバイクのポストカード #46

クラシックバイクのポストカード10枚セットです。

30年ぐらい未使用で保管していました。

この機会のコレクションに加えてください。

ヤフオクに出品中です。

多数所有していますので、時々覗いてみてください。

IMGP5243.jpg

捏ね鉢の修理は続く

特大捏ね鉢、内側の研磨作業に入りました。

外側も十分ではありませんが、作業のメリハリのため内側に着手です。

下地の漆もがっちり固まってくれました。

まもなく新蕎麦の季節。

なんとしても秋までには完成させたいです。

そして、この鉢で蕎麦を打ってもらう予定です。

https://airinjuku.jp/

RIMG0005_202008091831389b6.jpg

浄法寺氏家臣団

 畠山庄司次郎重忠三男出家大夫房阿闍梨重慶、奥州二戸郡浄法寺に住し、父重忠依讒討死。両兄共殺害を憤り兵を起すの企あるより、鎌倉の命により長沼五郎宗政討手とし来り。重慶誅せらる、其男幼弱民間に潜み、後浄法寺太郎重基といふ。夫々住居して近村を従ひ一家をなせり。南部守行公に應永の頃より従ひ軍功あり。信直公御代五千石を領し、浄法寺修理重安、九戸攻に功あり。帯刀と改む。其男修理重好利直公に仕へ二千石。岩崎従兵。慶長八年故あり没収。寛永四年卒。其子浄法寺内蔵丞浪人、松岡八左衛門好忠と改む。伯父藤右衛門正吉の願に依り、和賀郡藤根村弐百石を給ふ。明暦二年なり。
帯刀重安二男松岡藤右衛門正吉は、初は覚助。元重好没収の時浪人。秋田に走り其後帰参。仕利直公弐百石を給ふ。和賀郡藤根村新田願上、宗家甥八左衛門好忠に弐百石・弟市兵衛忠賀へ百五十石配分被下置、重直公御用人御加判被仰付、加増合三百石。又鹿角郡二戸郡新田願上一族兼本臣下の者へ配分被下置、寛文五年八十五歳卒。其男藤右衛門美成、始め覚右衛門といふ

一族逝臣下
松岡尾張  浄法寺松岡の庶流とあり、何年に分れしや不詳。             
信直公に仕へ三百石。 利直公に仕へ岩崎従兵、没収

松岡助四郎 尾張子 喧嘩死
松岡惣左衛門 尾張二男    浪人
松岡七右衛門   惣左衛門子   仕松斎五十石
松岡民部政興 浄法寺支族   分流年限不詳   長男越前五十石重直公代   没収
松岡内蔵助政成 民部子     仕政直君五十石
松岡武兵衛政体 内蔵助子蔵人
松岡万三郎政供 内蔵助二男   新田六十石
太田源四郎忠族
畠山重忠弟長野六郎重宗 大串新六郎重範十六代に浄法寺に住し、仕 信直公 於鹿角柴内討死

太田源四郎忠能 忠族子     仕利直公百七十石
太田源兵衛忠則 忠能子     没収 
太田源太夫忠継   忠則二男    重信公百石
駒ヶ嶺内膳保忠 内膳子
駒ヶ嶺四郎太夫忠武
駒ヶ嶺治郎忠則 四郎太夫子   七十石
吉田右近忠徳 駒ヶ嶺忠武三男 仕利直公二百石
吉田作七忠行 右近子     没収
田山八兵衛忠旦 同流      五十石
田山八太夫重防 八兵衛子    没収
西舘将監忠珍 浄法寺分    六十八石
西舘四郎右衛門忠茂  将監子     七駄二人
五日市兵庫忠教 同流      二百石
五日市左近忠岩 兵庫子     五十石
有居忠兵衛
大森十太夫忠善 同流
大森弥兵衛忠今 十太夫子
大森庄五郎忠安 忠今子     新田百石
畠山左馬助
畠山孫七忠保
中川原小兵衛忠有 孫七子     三十五石
畠山善蔵正和 同流      七戸住
駒ヶ嶺喜成正国 正和子     七戸
駒ヶ嶺善蔵正勝 正国子
畠山甚兵衛光元 同流      七戸住
浦田久六光正 治右衛門子   七戸
杉沢六左衛門光寛 浄法寺杉沢村に住し、斎藤吉之丞男 重直公御代御鷹匠に被召出五駄二人扶持被下
杉沢六郎右衛門光福 六左衛門子
杉沢六左衛門光昌 六郎右衛門子
杉沢次郎右衛門吉矩 光寛二男    五十石
野続甚五郎久業 浄法寺旧臣   主家没収浪 人重直公召出し三駄二人扶持
野続喜膳久徳  甚五郎子没収
野続慶卜一久 喜膳子     五人扶持
野続源内一光 一久子     四駄二人
松岡藤右衛門正吉 新田願上配分被下置寛文八年(後欠)
駒ヶ嶺兵右衛門正家 福岡与力五十七石
駒ヶ嶺兵左衛門義利 正家男     花輪御給人
駒ヶ嶺武兵衛好忠 正家二男    七駄二人
大森七右衛門盛常 福岡与力九十石
大森五郎右衛門盛定 七右衛門子   御給人
大森甚右衛門盛秀 五郎右衛門子
大森助十郎盛重 毛馬内与力六十二石
大森利兵衛盛光 助十郎子
大森助之丞忠時  福岡与力三十石
佐藤助左衛門正良  福岡与力八十石
佐藤庄左衛門良正 助左衛門子
佐藤庄左衛門近良 良正子  御給人
佐藤庄兵衛政常 正良二男    福岡御給人十五石
佐藤専右衛門正道 近良二男    御給人五十石
佐藤庄之助正房 正長三男    浪人
安ケ平喜右衛門義重 福岡与力七十石
安ケ平喜右衛門義範
安ケ平善右衛門義配 義範子
関与平治定政 福岡与力九十石
関与八郎定久 定政子
関七之助定暠 定久子

https://airinjuku.jp/

訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR