FC2ブログ

訪問者の足跡


プロフィール

Airinjuku

Author:Airinjuku
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。


カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



香港よ負けるな

香港の民主主義に大きな危機が訪れています。

日本企業もたくさん進出しているはずですので、今後の動向からは目を離せません。

日本政府もはっきりと民主主義を守れと主張するべきです。

ここは大英帝国の出番かもしれません。

香港返還時の条約に違反しているのは明らかです。

条約を結んだ一方が、その条約は破れば破棄されても仕方ありません。

英国にはそのあたりで頑張ってほしいと思いますが、今の英国では難しいかもしれません。

ここは世界の三大海洋国家連合を組んで、台湾に集結しましょう。

三大海洋国家とは米国と英国、そして現代の眠れる獅子「日本」です。

香港の結果を見守りましょう。

それでは記事を紹介します。

・・・
英首相が香港デモ受け初コメント=「逃亡犯条例は中英連合声明を満たさねばならない」―台湾メディア
2019年06月13日 12時30分 レコードチャイナ

12日、台湾紙・自由時報は、英国のテリーザ・メイ首相が香港政府の推し進める「逃亡犯条例」改正について、香港での改正反対デモ後初めてコメントしたことを報じた。写真は香港「逃亡犯条例」改正反対デモの様子。

台湾メディア・自由時報は12日、英国のテリーザ・メイ首相が、香港政府が推し進める「逃亡犯条例」改正について、香港での改正反対デモ後初めてコメントしたことを報じた。

記事によると、メイ首相は「われわれは条例の改正が香港の英国民に潜在的な影響を与えることを危惧している。しかし、重要なのは、香港における容疑者の受け渡しは必ず『中英連合声明』に記載されている、『香港市民の権利及び自由を保証する』という部分を満たさなければならないという点である」と発言した。

「中英連合声明」は中国と英国が1984年に共同発表した声明で、中国が香港の社会・経済制度、生活様式を当時のまま50年間は変更しないこと、『一国二制度』の下、香港に中国とは異なる自由と司法の独立を約束することが含まれる。しかし、中国外交部は17年、「『中英共同声明』はただの歴史的文書にすぎず、いかなる現実的意味合いも持ち合わせていない」との立場を示した。
・・・

ダウンロード

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

エーハチネット


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |