FC2ブログ

魔の不在証明

木枯らし紋次郎の作者・笹沢佐保さんは、何度か二戸にやってきています。

金田一温泉を舞台にした「魔の不在証明」を書き上げました。

昭和の末期、北福岡駅前に「かくしめ食堂」でお見かけしたことがあります。

ザル蕎麦とかしわ蕎麦を食べていたように思います。

読書少年を気取っていて、氏の作品を何作か読んでいましたので、もしかしたら笹沢さん?と思ったものでした。

ちょっと勇気がなくて、サインをもらっておかなかったのは全く残念です。

氏も亡くなり、かくしめ食堂も廃業です。

時間は間違いなく流れていることを実感です。

https://airinjuku.jp/

82735076_2672048312878444_4392925789100703744_n.jpg

流れ舟は帰らず (木枯し紋次郎ミステリ傑作選) (創元推理文庫)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

せっかく巡り合ったのですからサインを貰っておけばよかったですね。
盛岡でも長く商売をやってきたお店が閉店というのが目につきます。
職場の周りでも一軒、二軒と廃業して寂しいことです。
新しいお店はハイカラ過ぎて気後れしてしまうことも度々です。

本当に後悔しています。古いお店は大事にしたいですね。
訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR