FC2ブログ

久慈次郎

飛田穂洲さんの著書を読み返しています。

以前は何とも思わなかったのですが、久慈次郎のことが記述されています。

久慈次郎が早稲田に在学中の監督が飛田穂洲でしたので、久慈次郎の人物像を良く描いています。

・打率は高くないけど、ここで打ってほしいと思う場面では必ず打った。

・右翼への打球が多く、ランナーを進めるバッティングは芸術的だった。

・シカゴ大学との試合で投手を志願して、飛田監督と大喧嘩をしたが、次の日から何事もなかったよう振舞った。

・チームメートを驚かせたのは、その食欲だった。

・一回の食事で他人の3倍の量をたべた。

本当に魅力的な人物だったようです。

昭和9年には全日本の主将としてアメリカ遠征に参加しました。この時のチームが巨人軍に発展しましたが、久慈次郎は参加しませんでした。

自分を育ててくれた函館のチームに残ったのです。

昭和11年には、福岡中学から明治大学に進んだ戸来誠投手とバッテリーを組んで、巨人軍と対戦します。

花巻球場での試合は0-1で敗れましたが、久慈次郎のリードは冴えわたったと伝わります。

日本野球史に残る選手です。

カシオペア歴史研究所

DSC_0003[1]






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント