FC2ブログ

一戸高校の大戸投手

昭和30年代、岩手県北部は一戸高校の野球部が強かった。

隣の福岡高校は昭和30年代に二度甲子園に出ているが、岩手県大会を勝ち抜くより一戸高校に勝つことが難しいと言われた。

昭和35年、大戸投手が最上級生となり、監督に小田野柏を迎えた一戸高校は優勝候補の筆頭であった。

しかし準決勝で惜敗。

甲子園出場はならなかった。

その後に慶応大学に進んだ大戸選手は、すぐにレギュラーとなり中心選手として活躍する。

第一回のドラフト会議でオリオンズ球団に指名されたが、プロ入りはしなかった。

昭和40年代後半から慶応大学の監督も務めた。

軽米高校出身の竹花投手をエースに仕上げ、全盛時代の江川と対戦した。

https://airinjuku.jp/

ダウンロード

岩手県特産品 奥中山高原アイスセット (S)計8個入
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者の足跡
プロフィール

カシオペア歴史研究所

Author:カシオペア歴史研究所
世捨て人です。人生も半分以上が経過しました。これまでの書き留めたこと、地域のこと、日本のことなどを、勝手に思いつくまま書いています。コメント歓迎。批判も大歓迎です。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR